天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

2012-10-02から1日間の記事一覧

秋雑詠(1)

やっと秋らしくなった。田んぼの稲が実り、赤とんぼが飛びはじめた。里山の田んぼの畦には、案山子が並んで、訪れる人たちを楽しませている。園児らの格好の遠足場所にもなっている。困ったことに台風も続けてやってくる。東京の水不足は解消されたようだが…