天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

横浜港

山下公園にて

 この港に何を思うだろうか。童謡に「赤い靴」がある。作詞・野口雨情、作曲・本居長世で、横浜港を舞台に作られ大正十年(1921)に発表された。山下公園にこれを記念した女の子の銅像が置かれている。

     横浜の はとばから
     船に乗って
     異人さんに つれられて
     いっちゃった       (二番の歌詞)


流行歌なら、美空ひばりが歌って大ヒットした「港町十三番地」だろうか。作詩・石本美由起、作曲・上原げんと昭和32年の発表である。二番の歌詞の出だし「銀杏並木の敷石道を」は、山下公園前の通りで当時は波止場通りと呼ばれた。マドロス酒場は馬車道あたりの酒場だという。

    長い旅路の 航海終えて
    船が港に 泊る夜
    海の苦労を グラスの酒に
    みんな忘れる マドロス酒場
    ああ港町 十三番地     (一番の歌詞)


  よれよれの服着た人がためらへり横浜大桟橋診療所
  船まちてあまた艀の泊りたり大桟橋の奥の波止場に
  うしろ髪ひくがに枝をのばしたり山下埠頭のマテバシイの木
  動くことなき客船の艫綱にかもめ並びて時をすごせり
  三枚の銀の翼が回りをり大桟橋の港のかなた
  警杖をつきて玄関前に立つ横浜水上警察署
  運上所の役目ひきつぎ灯ともせり昼なほ暗き横浜税関
  来し方のはるかなりけり岸壁にうしほ泡立つ山下埠頭
  客室の窓のカーテン開く見ゆ港の匂ひ旅の思ひ出
  ありし日をひそかにしのぶクルージング ディナーにすごす
  二人なりけり