天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

三番瀬にて

 シギ科の鳥の総称。嘴と脚が長いのが一般的。冬に渡り鳥としてやってくるものが多い。磯鴫、山鴫、玉鴫、田鴫 など。万葉集には、家持の次の一首が載っている。西行の歌は、押しも押されぬ最も有名な代表作である。



  春まけて物悲しきにさ夜更けて羽振り鳴く鴫
  誰が田にか住む           万葉集大伴家持
                     
  こころなき身にもあはれはしられけり鴫立つ
  沢の秋の夕ぐれ           新古今集西行
                           
  秋の田の穂の上霧合へりしかすがに月夜さやけみ
  鴫鳴き渡る                長塚 節
                        
  夕照るや落葉つもれる峡の田の畔のほそみち行けば鴫たつ
                       若山牧水
  鴫立つ噂はしじにあらむとも遠し東国春立ちむらむ
                       岡井 隆
  ひたすらに小魚を追ふイソシギもよろめけり川床の
  石のぬめりに               真鍋正男