天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

時雨(1)

小学館より

 晩秋から初冬にかけて降る雨。晴れていた空がにわかに暗くなり、雨脚軽く降ったり止んだりする雨。文字の表記にこの雨の性質が出ている。古くから京都の時雨はよく知られている。時雨の上にさまざまの言葉がつく。初時雨、朝時雨、磯時雨、片時雨、北時雨、北山時雨、山茶花時雨、小夜時雨、さんさ時雨 等まだまだある。詳しくは高橋順子・佐藤秀明『雨の名前』小学館が参考になる。
 今回は古典から例をあげる。


     初しぐれ猿も小蓑をほしげ也    芭蕉
     蓑虫のぶらと世にふる時雨かな   蕪村
     寝筵にさつと時雨の明り哉     一茶


  時雨の雨間なくし降れば三笠山木末あまねく色づきにけり
                  万葉集・大伴稲公
  神無月しぐれにぬるるもみぢばはただわび人の袂なりけり
                  古今集凡河内躬恒
  山深み落ちて積れるもみぢばの乾ける上に時雨ふるなり
                  詞花集・大江嘉
  ねざめして誰か聞くらむこの頃の木の葉にかかる夜半の時雨を
                  千載集・馬内侍
  真木の屋に時雨の音のかはるかな紅葉や深く散り積もるらむ
                 新古今集・藤原実房
  世に経るは苦しきものを真木の屋にやすくも過ぐる初時雨かな
                 新古今集・二条院讃岐
  まだなれぬ板屋の軒のむら時雨音を聞くにも濡るる袖かな
                  新葉集・後醍醐天皇