天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

雨のうた(3)

歌川広重の浮世絵から

 風雅集は、第17勅撰和歌集で20巻、総歌数2211首からなる。花園院の監修のもと、光厳院が親撰。2人の上皇が深く関わった、二十一代集の中でも特異な和歌集である。風雅集の前が玉葉集。玉葉集も風雅集も共に清新自然な風体を特色とするが、風雅集においてその純度は一層高く、繊細な自然観照と深沈な心境の描写を本領とし、南北朝の乱世に生きる人々の感慨を映している、とされる。



  暮れかかる山田の早苗雨過ぎてとりあへずなくほととぎすかな
                  続後撰集後鳥羽院
  山の端もきえていくへのゆふ霞かすめるはては雨に成りぬる
                    玉葉集・伏見院
  雲の上にひびくを聞けば君が名の雨をふりぬる音にぞありける
                     玉葉集・俊恵
  寒き雨は枯野の原に降りしめて山松風の音だにもせず
                   風雅集・永福門院
  春の色を催す雨のふるなべに枯野の草も下芽ぐむなり
                   風雅集・藤原為兼
  このねぬる朝風寒み初雁のなく空みればこさめふりつつ
                     風雅集・道玄
  吹きみだし野分に荒るる朝あけの色こき雲に雨こぼるなり
                  風雅集・花園院一条
  ふけにけりゆききたえたる夜の雨くらはし川の波も音して
                   衆妙集・細川幽斎