天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

藤袴(続)

横浜市舞岡公園にて

 2008年11月14日、2011年11月14日 の補足である。
地下茎が伸びて猛烈な勢いで広がるため、自生地では密生した群落になる。ただ現在の日本には適した環境が少なくなったため、絶滅危惧種となっている。生乾きの茎葉にクマリンの香りがあり、中国では古く芳香剤として利用された。



     藤袴手折りたる香を身のほとり   加藤三七子
     想ひごとふと声に出づ藤袴      永方裕子


  秋深みたそがれどきの蘭(ふぢばかま)匂ふは名のる心地こそすれ
                    崇徳院『千載集』
  藤ばかまあらしたちぬる色よりもくだけて物は我ぞかなしき
                  藤原俊成『続拾遺集
  藤袴沢鵯に間種ありやなしや知らぬ世界はここにも広し
                       土屋文明