天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

わが歌枕―白河の関

白河の関跡

 福島県白河市にある陸奥の歌枕。いわき市にある勿来の関とともに平安時代の重要な関所であった。ここを越えると陸奥(みちのく)になるので、様々な感懐が歌に詠まれた。


  たよりあらばいかで都へつげやらむ今日白河の関は越えぬと
                  平兼盛拾遺集
  都をば霞とともにたちしかど秋風ぞ吹く白河の関
                  能因『後拾遺集
  白河の関屋を月のもる影は人の心をとむるなりけり
                   西行山家集
  都出でてあふ坂越えし折までは心かすめし白川の関
                   西行山家集
  都にはまだ青葉にて見しかども紅葉散りしく白河の関
                  源頼政『千載集』
  見で過ぐる人しなければ卯の花の咲ける垣根や白河の関
                 藤原季通『千載集』
  東路(あづまぢ)も年も末にやなりぬらむ雪降りにけり白河の関
                   印性『千載集』
  白川の関より奥に入らむ旅野くれ山くれ日数あまたへむ
                     橘 曙覧
  白河の関趾にしばしいこひたりおそふ蚊のなき古木々の下
                    佐藤佐太郎
  これよりの旅寝の奥やいかならむ秋風ふきぬ白川の関
                     安藤野雁


 白河の「白」の関連で卯の花や雪、青葉、紅葉などが取合せられているが、平安時代末期から中世にかけての和歌の常道であった。
 これらの歌を踏まえて芭蕉は、「心もとなき日数重なるままに、白川の関にかかりて旅心定まりぬ。・・・」で始る『奥の細道』の白河の関の項の名文を書いた。


  バスに乗り野中の道を走りけり降りしところが白河の関
  西行芭蕉もゆきし陸奥(みちのく)のここが入口白河の関