天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

時を詠む(3/5)

  時すぎて人は説かむか昭和の代(よ)のインテリゲンチヤといふ問題も
                        柴生田稔
  八月のまひる音なき刻(とき)ありて瀑布のごとくかがやく階段
                       真鍋美恵子
  夾竹桃の花の明るさ狂ひたる時計が狂ひし時きざみゐて
                       真鍋美恵子
  古き面(めん)のうつろの眼(まなこ)を通りぬけ帰らぬものを時間といふなり
                       真鍋美恵子
  貧しさに耐へつつ生きて或る時はこころいたいたし夜の白雲
                       佐藤佐太郎
  ビルの間(あはひ)すぎゆく雲をすさまじき時の流れのごとく見てをり
                        大家正吉
  花もてる夏樹の上をああ「時」がじいんじいんと過ぎてゆくなり
                        香川 進

 一首目: インテリゲンチヤとは、ロシアで生まれた批判的知識人を指す言葉。生の意味を問い理想に献身する知識人を指す。彼らは専制政治農奴制下のロシアでは体制から疎外され,革命理論・運動の担い手となった。昭和の日本では、学歴差別選民思想に結び付いて、いわゆるインテリという言葉が流行した。
 真鍋美恵子の歌は三首共に、上句から下句への転換が急である。その理由を説明することは難しい。共感できるかどうか。
 佐藤佐太郎が貧しさに耐へつつ生きた時期とは、戦後のことであろうか。1925年に岩波書店に入社、1945年に退社。その後は歌人、作家として生きた。夜の白雲を見上げて、心が痛む原因は、
貧しさではないような気がするのだが。
 大家正吉の受けた感動はよくわかる。香川進の歌では、オノマトペが時の経過をうまく表現している。 

f:id:amanokakeru:20190328000606j:plain

夾竹桃