天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

母を詠む(9/12)

  秋草の花咲く道に別れしがとぼとぼと母は帰りゆくなり
                      岡野弘彦
  夕まぐれ涙は垂るる桜井の駅のわかれを母がうたへば
                      岡野弘彦
  長夜の闇にまぎれ入らんとする母を引戻し引戻しわれはぼろぼろ
                     山本かね子
  生きものを飼はなくなりて内外(うちそと)の清(す)みゆく家に母は火を継ぐ
                      柏崎驍二
  いく日会わねばいく日を言いて白桃のつゆのしとどを母と分つも
                      新免君子
  われを捨てて母の去りたる夜の汽車が今も雪夜を走りて止まぬ
                      鈴木鶴江
  うすら陽は母が常臥せし跡しるき畳を照らし我を照らせり
                     山中登久子
  掌に載せて慈姑(くわゐ)のいろをこよなしといひたる母は死期近かりき
                     浅野まり子
慈姑: 中国南部が原産地という。日本へは平安時代には伝わっていたらしい。

  眠りゐると思ひし母が目をあけて病み痩せし掌をかざしてゐたり
                     佐々木允子
  母がそこに眠れる如きゆたかさに白き牡丹が昼を咲きおり
                      三井 修

f:id:amanokakeru:20200510071401j:plain

慈姑