天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

衣のうたー袖・袂・襟(3/11)

  おろかなる涙ぞ袖に玉はなす我はせきあへずたきつ瀬なれば
                  古今集小野小町
*「玉になるぐらいの涙なら大した事はありません。私の方は堰き止められないほどの激流になっていますよ。」

  わが袖にまだきしぐれのふりぬるは君がこころにあきやきぬらむ
                 古今集・読人しらず
*まだき : 早くも。「 私の袖に早くも時雨が降ったのは、あなたの心に 飽きがきたからでしょうか。」

  かげろふのそれかあらぬか春雨のふるひとなれば袖ぞぬれぬる
                 古今集・読人しらず
*「 あなたの姿は陽炎なのかどうなのか。忘れられた私の袖が春雨のように濡れています。」

  色よりも香こそあはれと思ほゆれたが袖ふれし宿の梅ぞも
                 古今集・読人しらず
*「梅はその色彩よりも香りの方がしみじみと趣深く思われる。宿の梅に誰かの袖がふれて、その移り香が香っているのだろうか。」

  折りつれば袖こそ匂へ梅の花ありとやここに鶯の鳴く
                 古今集・読人しらず
*「梅の花を折ったので私の袖は移り香がしている。梅の花があると思って、ここにウグイスが来て鳴くのかな。」

  つつめども袖にたまらぬしら玉は人をみぬめの涙なりけり
                  古今集・安倍清行
*「包もうとしても、袖に溜めることができずにこぼれてしまう白玉は、あなたに会えなくて悲しんで流す涙なのでした。」

  あかざりし袖の中にや入りにけむ我がたましひのなき心地する
                    古今集陸奥
*詞書に「女友だちとものがたりして別れてのちにつかはしける」とある。よって一首の意味は、「まだ話足りずに別れたので、私の魂は袖の中に入ってしまったのでしょうか、あなたと別れた今では、まるで魂が抜けたかのような気がします。」

f:id:amanokakeru:20200621065329j:plain

梅の花