天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

身体の部分を詠むー腕(2/3)

  取材せし船より酔ひて来し夫の額冴えつつわが腕の中

                      三國玲子

  抱き来し女の肩を放したる用なき腕を垂らして帰る

                     石田比呂志

  乾燥炉の火を搔きまはしゐる腕(かひな)細きながらに筋肉動く

                      大平修身

*乾燥炉: 各種の熱源を使用し、水分・溶剤・接着剤などあらゆる物の乾燥処理を行う装置。用途によって大小さまざまな種類がある。

 

  羊のやうにありたる過去よわれもまた種痘の創(きづ)を腕に遺して

                     杜澤光一郎

*種痘 とは、 天然痘 の 予防接種 のこと。 ワクチン をY字型の器具(二又針)に付着させて人の上腕部に刺し、傷を付けて皮内に接種する。 1980年 に 天然痘ウイルス は撲滅され、自然界に存在しないものとされているため、 1976年 を境に日本では行われていない。(辞典による)

 

  ほそき腕闇に沈んでゆっくりと「月光」の譜面を引きあげてくる

                      加藤治郎

  おのづから塩噴き出づる腕ありき海より上がる人のかなしみ

                      櫟原 聡

f:id:amanokakeru:20210917062452j:plain

種痘の創