天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

この世のこと(16/16)

  手にむすぶ水に宿れる月影のあるかなきかの世にこそありけり

                        紀 貫之

*あるかなきかの世: はかない世。

 

  山城の井手の玉水手に掬び頼みしかひもなき世なりけり

                        藤原敦忠

*頼み: 手で掬い飲む意の「手飲む」と「頼む」を掛ける。

「山城の井手の玉水をすくって手飲みをするではないが、約束した甲斐もない仲だったな。」

 

  あさましの世は山川の水なれや心細くもおもほゆるかな

                        和泉式部

*あさましの世: あきれる程ひどい世。

 

  思へども定めなき世のはかなさにいつを待てともえこそ頼めぬ

                     新古今集・行尊

* 「思へども」は、「いつ帰ると約束したいとは思うが」ということ。

 

  さらに又嘆くと聞かばかくばかりいとはしき世もすてぞわづろふ

                   新葉集・花山院師兼

*すてぞわづろふ: 捨てたものかどうか悩んでしまう。

 

  前をふみあとに躓(つまづ)き我こそは道もなき世に夏はきにけれ

                       下河辺長流

  軒端ゆく山下水にかずかきてはかなき世をや更にしのばむ

                        加納諸平

*「山下水に指で数を書いて、はかない世の中を更にしのぶとしよう。」

「水に数かく」という表現は、万葉集にも「水の上に数書くごとき我が命妹に逢はむとうけひつるかも」 (うけふ=「誓ふ」:神に祈る/神意をうかがう) と出ている。

f:id:amanokakeru:20201128070356j:plain

井手の玉水

この世のこと(15/16)

  人の世の思ひにかなふ物ならばわが身は君におくれましやは

                   後撰集藤原定方(三条右大臣)

  暮れぬまの身をば思はで人の世のあはれを知るぞかつははかなき

                   新古今集紫式部

*「今日の暮れない間の命で、明日の事が分からない我が身は思わないで、はかない人の世の哀れさを知るというのは、一方で、またはかない事です。」

 

  人の世の掟は人ぞつくりたる君を思はむ我がさまたげに

                       片山広子

  人の世のかなしみごとのあらはれて街くれば黒枠のこの道しるべ

                      上田三四二

*道しるべ: 道路の分岐点にあって,それぞれの道が進む方向・目的地・距離などを記し,旅行者の便に供したもの。道標の字を当てる。

f:id:amanokakeru:20201127063407j:plain

道しるべ

この世のこと(14/16)

  虎とのみ用ゐられしは昔にて今は鼠のあなう世の中

                    増鏡・宗尊親王

*「虎とばかりに畏れられる地位に置かれたのは昔のことで、今は鼠が穴に潜むように逼塞している――ああ無情な世の中よ。」

 

  彼是となにあげつらむよの中は一つの玉の影としらずて   

                         良寛

*「この世の中は一つの玉の影と知らないで、なぜあれやこれやと物事の理非、可否を論じ立てるのだろう。」

 

  世の中は常なきものと我が愛(め)づる山吹の花散りにけるかも

                       正岡子規

  世の中をあらみこちたみ嘆く人にふりかかるらむ菩提樹の華

                       長塚 節

*「世の中をああだこうだと嘆く人に菩提樹の花がふりかかるだろう。」

 

  世の中の明るさのみを吸ふごとき

  黒き瞳の

  今も目にあり               石川啄木

 

  世のなかにしたがふ道を

  説かざりき。

  あやまち多き

  教へ子のかず               釈 迢空

 

  世間から外れたような夕闇にひらくたんぽぽ四五輪がほど

                      石田比呂志

 

f:id:amanokakeru:20201126063014j:plain

山吹の花

この世のこと(13/16)

  世間(よのなか)を何に譬(たと)へむ朝びらき漕ぎ去(い)にし船の跡なきがごと

                   万葉集・沙弥満誓

*「この世の中を、いったい何に譬えようか。朝、港を漕ぎ出して行った、船の波の跡が残っていないようなものだ。」

 

  世の中はいかに苦しと思ふらむここらの人に恨みらるれば

                   古今集在原元方

*「この世に心があるならば、さぞかしつらいと思っているだろう。多くの人々に恨み言をいわれるので。」

 

  世の中はうき身に添へる影なれや思ひすつれど離れざりけり  

                   金葉集・源 俊頼

  世の中は見しも聞きしもはかなくてむなしき空の煙なりけり

                  新古今集・藤原清輔

  秋風になびく浅茅の末ごとに置く白露のあはれ世の中

                   新古今集・蝉 丸

  世の中は常にもがもな渚こぐあまの小舟のつなでかなしも

                  新勅撰集・源 実朝

*つなで: 舟のへさきにつけてある綱。

「この世の中は、いつまでも変わらないでいてほしいものだ。渚にそって漕いでいる、漁師の小船をひき綱で引いている風情はいいものだよ。」

 

f:id:amanokakeru:20201125065502j:plain

あまの小舟 (WEBから)

この世のこと(12/16)

  住めばまた憂き世なりけりよそながら思ひしままの山里もがな

                          兼好

*「世を逃れて住めば、ここもまた憂き世であったよ。よそから眺めて住みよいと思った、そのままの山里はないものだろうか。」

 

  習ひぞと思ひ做してや慰まむ我が身一つに憂き世ならねば

                          兼好

*「世の習いだと思い込んで慰めることとしよう、自分一人の憂き世ではないので。」

 

  山里の軒端に近き椎柴のしひてうき世にいつまでか経む

                   新千載集・永福門院

*上句は「しひて」(無理して)の序詞か。椎柴は、椎の小枝あるいは椎の木の群がり生えている所。

 

  よしやただうき世に何か久方の月をのみこそ花をのみこそ

                       木下長嘯子

  のがれめや雲居をわたる月だにも影は浮世の外にやはすむ

                        八田知紀

*雲居: 雲のたなびいている所。大空。

 

  亡き姉よ浮世の冬は早くして雪ばんばあがもう踊れるよ

                        山崎方代

*雪ばんばあ: 雪婆(雪ばんば)という妖怪を指すが、綿虫の俗称でもある。

 

f:id:amanokakeru:20201124062038j:plain

椎柴

この世のこと(11/16)

  わが庵は小倉の山の近ければうき世をしかとなかぬ日ぞなき

                  新勅撰集・八条院高倉

*しかと: はっきりと。「鹿と」を掛ける。

「私の住む庵は小倉山が近いので、憂き世を悲しみ、鹿といっしょに声あげて泣かない日はないよ。」

 

  君かくて山の端深く住居せばひとりうき世にものや思はむ

                   続後撰集後鳥羽院

  うらやまし草のむしろを敷き忍びうき世に出でぬ雪の山人

                   続後撰集・藤原光俊

  積れただ入りにし山の峰の雪うき世に帰る道もなきまで

                     続千載集・頓阿

*「ひたすら積もれ、出家して入った山の頂に降る雪よ。浮世に帰る道もなくまるまで。」

 

  夏山の繁みにはへる青つづらくるしやうき世わが身一つに

                  万代和歌集・後鳥羽院

*青つづら: ツヅラフジの別名。「つる」を繰るところから「くる」「くるし」「くるる」などを導く序詞を構成する語。

 

  うき世にはかかれとてこそ生れけめことわりしらぬわが涙かな

                  続古今集土御門天皇

*「このように辛い目に遭えということで、この現世に生れて来たのだろう。そう納得して苦難に堪えるべきなのに、分別もなくこぼれる我が涙であることよ。」

f:id:amanokakeru:20201123063717j:plain

小倉山


 

この世のこと(10/16)

  うき世をば出づる日ごとに厭へどもいつかは月の入る方をみむ

                  新古今集八条院高倉

*「つらい現世を、朝日が昇るたびに厭い、遁れ出たいと思うけれど、いつになったら、月の沈むほう、西方浄土を拝むことができるのだろうか。」

 

  昔よりはなれがたきは憂世かなかたみにしのぶ中ならねども

                   新古今集藤原兼家

*「昔から離れにくいものは憂き世だな。互いに慕い合う粋な仲というのではないが。」

 

  たのめ置かむたださばかりを契りにて浮世の中の夢になしてよ

                  新古今集藤原定家

*「後世を約束してあてにさせておきましょう。ただそれだけのことを縁として、これまでのことは辛い現世の儚い夢と思って、あきらめてしまってください。」求愛を拒絶する歌。

 

  うき世には今はあらしの山風にこれやなれ行くはじめなるらむ

                   新古今集藤原俊成

*「辛い現世にはもう留まるまいと思って籠る嵐山の山風に、これが馴れてゆく始めなのだろうか。」  「あらし」は、「あらじ」と「嵐」の掛詞。

 

  恨みずやうき世を花の厭ひつつ誘ふ風あらばと思ひけるをば

                  新古今集藤原俊成女

*「恨まずにいられようか、花が浮世を厭いつつ、「風の誘いがあるなら、散ってしまおう」と思っているのを。」

 

  秋の夜の月に心をなぐさめてうき世に年のつもりぬるかな

                   新古今集・藤原道経

 

f:id:amanokakeru:20201122063729j:plain

秋の夜の月