天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

心を詠む(10/20)

  しら玉の心は光れひもじくばあらがねの土もなほ啖(くら)ふべし

                     中村三郎

  砂の上に死ぬる駱駝(らくだ)の心をも今夜(こよひ)悲しみ夜ふけむとす

                    柴生田 稔

*把握が独特だが、分かる気がする。

 

  勢へる野戦志願の兵見れば寧(むし)ろいたましき心も湧きぬ

                     渡辺直己

*普通のことであろう。部下思いの上官ならなおさらのこと。

 

  あるときはコマクサの青にちからわきおのづから心ひくくしたりき

                    鹿児島寿蔵

*結句「心ひくくしたりき」の解釈は、言葉にしにくいが、謙虚な気持になったということだろう。

 

  悲しみの日とするこころ吾にありて三たび近づく八月十五日

                     山本友一

  世をあげし思想の中にまもり来て今こそ戦争を憎む心よ

                     近藤芳美

*「世をあげし思想」とは、大東亜共栄圏構想のようなものか。

 

  原色にひとのこころの描かれて鏡さながらピカソの裸婦像

                    上川原紀人

  あるときは襤褸の心縫わんとしき襤褸の心さらされていよ

                     武川忠一

*「襤褸の心」とは、ちりじりに乱れた心のことか。へんに取り繕わずに、そのままに堪えていよ、と言う。

f:id:amanokakeru:20210303064311j:plain

駱駝

 

心を詠む(10/20)

  しら玉の心は光れひもじくばあらがねの土もなほ啖(くら)ふべし

                     中村三郎

  砂の上に死ぬる駱駝(らくだ)の心をも今夜(こよひ)悲しみ夜ふけむとす

                    柴生田 稔

*把握が独特だが、分かる気がする。

  勢へる野戦志願の兵見れば寧(むし)ろいたましき心も湧きぬ

                     渡辺直己

*普通のことであろう。部下思いの上官ならなおさらのこと。

  あるときはコマクサの青にちからわきおのづから心ひくくしたりき

                    鹿児島寿蔵

*結句「心ひくくしたりき」の解釈は、言葉にしにくいが、謙虚な気持になったということだろう。

  悲しみの日とするこころ吾にありて三たび近づく八月十五日

                     山本友一

  世をあげし思想の中にまもり来て今こそ戦争を憎む心よ

                     近藤芳美

*「世をあげし思想」とは、大東亜共栄圏構想のようなものか。

  原色にひとのこころの描かれて鏡さながらピカソの裸婦像

                    上川原紀人

  あるときは襤褸の心縫わんとしき襤褸の心さらされていよ

                     武川忠一

*「襤褸の心」とは、ちりじりに乱れた心のことか。へんに取り繕わずに、そのままに堪えていよ、と言う。

f:id:amanokakeru:20210303064311j:plain

駱駝

心を詠む(9/20)

  ことのはにいでしうらみはつきはてて心にこむるうさになりぬる

                 玉葉集・京極為兼

  あやしくも心の中ぞみだれ行く物思ふ身とはなさじと思ふに

                風雅集・祝子内親王

*「不思議にも、わが心の内が思い乱れてゆく。恋をして思い煩う身にはなすまいと決めていたのに。」

 

  ことのはの道こそ憂けれさらでやは心のきはを人にしらせむ

                       宗祇

京極為兼とは反対の気分を詠っているようだ。

  見わたせば心は色もなかりけり柳桜の春の曙

                     烏丸光広

藤原定家の名歌「見渡せば花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮」の本歌取り

  わがこころ君に知れらばうつせみの恋の籬(まがき)よ越えずともよし

                    伊藤佐千夫

  わざはひかたふときことか知らねどもわれは心を野晒しにする

                    与謝野晶子

*「心を野晒しにする」という比喩は、思いのたけをさらけ出すことを意味していよう。

  迷児の迷児のほんとのおれの心よこっこにゐたかと駆寄りてまし

                     土岐善麿

  はても見えぬ真直の街をあゆむごときこころを今日は持ちえたるかな

                     石川啄木

f:id:amanokakeru:20210302060928j:plain

うつせみ

心を詠む(8/20)

  数ならで心に身をばまかさねど身にしたがふは心なりけり

                      千載集・紫式部

*心が境遇に押し流されていってしまうという不如意な状況を詠んでいる。

 

  おしなべて物を思はぬ人にさへ心をつくる秋のはつかぜ

                      新古今集西行

*「おしなべて物を思はぬ人」とは、次の歌の「心なき身」の人と同じ僧侶を指していよう。

 次の歌の方が具体的で優れている。

 

  心なき身にもあはれはしられけり鴫立つ沢の秋の夕ぐれ

                      新古今集西行

  こころとや紅葉はすらむ立田やま松は時雨に濡れぬものかは

                    新古今集藤原俊成

*窪田空穂『新古今集評釈』では、以下のように評価している。

「心としては新しいものはない。しかし表現は、一句一句艶を含んで、粘りを持つた、落ちついたものとなつてゐる。力のある、優な姿の歌といふべきであらう」

 

  背きてもなほ憂きものは世なりけり身を離れたるこころならねば

                      新古今集・寂蓮

  頼まじな思ひ侘びぬるよひよひのこころは行きて夢にみゆとも

                    続後撰集藤原為家

  我もかなし草木も心いたむらし秋風ふれて露くだるころ

                      玉葉集・伏見院

*「私も悲しい。草木も心がいたむらしい。秋風が草木に触れて露がおりるころは。」上句で感情を、下句で情景を描写。

 

  物思へばはかなき筆のすさびにも心に似たることぞ書かるる

                     玉葉集・藤原為子

 

 紫式部の考えは、大変現実的であるように思える。源氏物語を書くくらいだから、心の赴くままに奔放な生活を送る性格のように誤解しそうだが。

西行の二首、「物を思はぬ人」と「心なき身」を使い分けているところが面白い。どちらも世の中の情勢に惑わされないという点で共通しているが、職業の面で大きく違っている。前者は世俗の人、後者は僧侶をそれぞれ代表している。

f:id:amanokakeru:20210301063946j:plain

鴫立つ沢(大磯)

心を詠む(7/20)

  心にもあらでうき世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな

                    後拾遺集三条天皇

*「心ならずもこの世に生き永らえたなら、いつか恋しく思い出すに違いない――そんな月夜であるよ。」 百人一首にあるので有名。

 

  心をばとどめてこそは帰りつれあやしや何のくれをまつらむ

                     詞花集・藤原顕広

*「心は恋しい人のもとに留めて帰って来たというのに。いぶかしいことよ、どうして夕暮を待ち侘びるのだろう。」

 

  すみのぼる月の光にさそはれて雲の上まで行くこころかな

                     詞花集・藤原実行

  おのが身のおのが心にかなはぬを思はば物はおもひしりなむ

                     詞花集・和泉式部

*「自分の身は自分の心のままにはならないもの。そう思えば、(私があなたに逢えない)事情も分かっていただけるでしょう。」

 

  ふたつなき心を君にとどめおきて我さへ我にわかれぬるかな

                       詞花集・清胤

*「たった一つの心を貴方のもとに留め置いてしまったので、私自身、我が身と別れたようなものでした。」

 

  忍びねの袂は色に出でにけりこころにも似ぬわが涙かな

                   千載集・皇嘉門院別当

*「忍び泣く声は袖の袂で抑えたけれども、その袂は涙に染まって、思いが色に表れてしまった。心は恋の辛さを隠そうと必死なのに、涙は心に合わせてくれない。」

 

  心さへ我にもあらずなりにけり恋はすがたのかはるのみかは

                     千載集・源 仲綱

*「心までもが、自分のものではないようになってしまった。恋をすると姿が変わるだけではなかったのだ。」 

 

  恋ひわぶる心はそらにうきぬれど涙のそこに身は沈むかな

                     千載集・藤原実房

 

[註]

 詞花集は、平安時代後期の第6勅撰和歌集崇徳院の下命により藤原顕輔撰。10巻。仁平年間 (1151~54) 完成。『金葉集』の影響が大きく,平明で清新な歌風ながら,一方では平凡な面も多少あり。

 『千載集』は、鎌倉時代前期の第7勅撰和歌集。 20巻。歌風は、新奇な傾向を強く打出した先行の『金葉集』『詞花集』と違い,概しても平明温雅なるも、清新な叙景歌やみずみずしい抒情歌,深みのある思想歌などあり。以下の三例でも感じられる。

f:id:amanokakeru:20210228063851j:plain

夜半の月

心を詠む(6/20)

  つらしとはおもふものから恋しきは我にかなはぬ心なりけり

                    拾遺集・読人しらず

*「あの人は薄情だと思うのに、恋しい思いは、わが心ではない感情だったことよ。」自制できない恋心を詠んだ。

 

  かずならぬ身は心だになからなむ思ひ知らずば怨みざるべく

                    拾遺集・読人しらず

*「物の数でもない私にはいっそ心なんかなければいい。恋しい思いを知らなければ、人を恨むこともないだろう。」

 

  浅ましや見しかとだにもおもはぬにかはらぬ顔ぞ心ならまし

                    拾遺集・読人しらず

*「はっきりと見たかどうかさえ分かないのに、今も変ることなく面影が思い浮ぶのは、自分の心がそうさせているのだろう。」2020年1月2日のブログ「顔を詠む」でとりあげている。

 

  山の端は名のみなりけり見る人のこころにぞいる冬の夜の月

                    後拾遺集大弐三位

  夜な夜なは眼のみさめつつ思ひやる心や行きておどろかすらむ

                      後拾遺集・道命

*「毎晩毎晩目が覚めてあなたのことを思っている私の心が飛んで行って、あなたを驚かしているのだろうか。」

 

  恋しさは思ひやるだになぐさむを心におとる身こそつらけれ

                    後拾遺集・藤原國房

  厭ふとは知らぬにあらず知りながら心にもあらぬ心なりけり

                    後拾遺集藤原長能

  ともすれば四方の山辺にあくがれし心に身をもまかせつるかな

                      後拾遺集・増基

 

[註]

 『拾遺(和歌)集』は、古今、後撰に次ぐ三番目の勅撰和歌集。その名の由来は、前代の勅撰集に漏れた秀歌を拾い集めること。歌風は平明優美、賀歌・屏風歌・歌合など晴れの歌が多いが、殊に恋歌がすぐれている。

 『後拾遺集』は、『拾遺集』の後継たるべく編まれた第四の勅撰和歌集。構成は『古今和歌集』を基としているが、巻二十に収める「神祇」「釈教」の分類は、勅撰集で初めてである。格調よりも率直な情感を重んじ過ぎる、という批判があった。 

f:id:amanokakeru:20210227064341j:plain

冬の夜の月

心を詠む(5/20)

  面影をあひみしかずになすときは心のみこそしづめられけれ

                       後撰集・伊勢

*姿を思うだけでも実際に逢う数に加えられれば、心が鎮められるという。

 

  思ひやるこころばかりはさはらじを何へだつらむみねの白雲

                     後撰集・橘 直幹

  秋萩を色どる風は吹きぬとも心はかれじ草葉ならねば

                     後撰集在原業平

*心と植物とを比較して、自分の心の変わらなさを主張しているようだ。

 

  かくれぬの底の心ぞ恨めしきいかにせよとてつれなかるらむ

                     拾遺集藤原伊尹

  ふたつなき心は君におきつるをまたほどもなく恋しきはなぞ

                     拾遺集・源 清蔭

*「ふたつとない私の心は、あなたのもとに置いてきましたのに、離れたらまたすぐにあなたへの思いにとらわれるのはなぜでしょうか。」と理屈で読ませる。

 

  逢ひ見ての後の心にくらぶればむかしは物をおもはざりけり

                     拾遺集藤原敦忠

  ときのまも心は空になるものをいかですぐししむかしなるらむ

                     拾遺集藤原実方

  雲居なる人をはるかに思ふには我がこころさへ空にこそなれ

                     拾遺集・源 経基

 

f:id:amanokakeru:20210226063257j:plain

秋萩