天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

友を詠む(4/7)

  貧生涯ただいちにんの侶たりき吾妻のいのち死なしめざらむ
                      坪野哲久
*吾妻とは6歳上の歌人・山田あきのこと。

  戦争に君を死なしめざらむとす友の多くが今夜(こよひ)つどふも
                      高田浪吉
  歯ぎしりの時期を糧ともなしながら得し友遂に去りゆきし友
                      水野昌雄
  心弱り帰り来しかば東京の吾がよき友に一人一人逢ふ
                      小暮政次
  ナホトカ港視界に消えて立ち古りし友の墓標が波間に残る
                      森川平八
*ナホトカ:  ロシア連邦の極東部、沿海地方に属している商港都市。日本海の北西部にあるナホトカ湾に面し、日本との関係が深い。

  シューバーの釦をはめる友の手に吹雪はすさぶチタの夕ぐれ
                      森川平八
*シューバー: メーカー名。  チタ: ロシア連邦、東シベリア南部の都市。

  秋に入りて訪ひ来ぬ友も卒論を書きつつ職を探してぞゐむ
                       篠 弘

f:id:amanokakeru:20200603071236j:plain

ナホトカ港

 

友を詠む(3/7)

  酒飲めば酔ひてたのしくなる友にひとり飲ましめ我は飯食ふ
                      窪田空穂
  凩(こがらし)を聴きておもふはすでに亡き友啄木がありし日のこと
                      吉井 勇
  よき友にたより吾がせむこの庭の野菊の花ははや咲きにけり
                      古泉千樫
  友がみなわれよりえらく見ゆる日よ花を買ひ来て妻としたしむ
                      石川啄木
  老い友の 死にのいまはをまもりたる まごころびとを 忘れざるべし
                      釈 迢空
  明日香川(あすかがは)ありて激(たぎ)てどむかし来てなげきし友のうつつにはなし
                      中村憲吉
  あかつきをひさしく覚めて涙うかぶ友の誰よりもわれは幸あり
                      柴正田稔
  この友ありて今の我ありと言ひ出でて和む心は今のわが幸
                      柴正田稔

f:id:amanokakeru:20200602065515j:plain

野菊の花

友を詠む(2/7)

  やま里にうき世いとはむ友もがなくやしく過ぎしむかし語らむ
                   新古今集西行
  ながむるに慰むことはなけれども月を友にてあかす比(ころ)かな
                   新後撰集西行
  ありあけの月よりほかに誰をかはやま路の友とちぎり置くべき
                   新古今集・寂超
  とまるべきやどさへみえぬ夕霧に友よびかはす野辺の旅人
                        耕雲
  酒のまむ友どちもがもしくしくに雨の降る夜は寂しきものを
                      和田厳足
*しくしくに: 絶え間なく。しきりに。

  枕べに友なき時は鉢植の梅に向ひてひとり伏し居り
                      正岡子規
  友をれど言問(こととひ)もなく身のまはり空しくなりて二時間あまり臥す
                      斎藤茂吉
*言問: 物を尋ねかけること。言葉を交わすこと。

f:id:amanokakeru:20200601071319j:plain

鉢植の梅

 

友を詠む(1/7)

 とも(友、共、伴、朋、侶)は、つれ、仲間のこと。語源は、朝鮮語「とんも」、中国語「とん(同)「とむ(党)」などとする説あり。
 友を詠んだ作品には、心に沁みるものが多い。

さ夜中に友呼ぶ千鳥もの思ふとわびをる時に鳴きつつもとな
                万葉集大神女郎
*もとな: わけもなく、しきりに。
「夜ふけに友を呼ぶ千鳥が、物思いの寂しい時にしきりに鳴いて私の心に染みます。」

  死(しに)も生(いき)もおやじ心と結びてし友や違(たが)はむわれも依りなむ
                万葉集・作者未詳
*おやじ: おなじ
「死ぬも生きるも共にと誓った友人同士が違うことなどありましょうか。私も教えに従いましょう。」

草香江の入江にあさる葦鶴のあなたづたづし友なしにして
                万葉集大伴旅人
春雨に萌えし楊(やなぎ)か梅の花友に後(おく)れぬ常の物かも
                万葉集・大伴書持
  たれをかも知る人にせむたかさごのまつも昔の友ならなくに
                  古今集藤原興風
  散らぬ間は花を友にてすぎぬべし春より後の知る人もがな
                  金葉集・源 有仁
  草枕このたびねにぞおもひしる月よりほかのともなかりけり
                    金葉集・忠命

f:id:amanokakeru:20200531070941j:plain

千鳥

 

こころざし(3/3)

  霧ふかく真木立つ夜を壮年の奥ひとつなる意志の鳴りいづ
                         小中英之
  春過ぎてなお冷ゆる夜や時あらばわれに来よ一つの意志とよばむもの
                         井上美地
  たたかふとは銃を取るとは限らざり不義、貧、腐敗に真向かはむ意志
                         大津留温
  「意志」といふ語をきらきらと輝かせ「行くか」と問ひ来「行く」と答へつ
                         矢部雅之
  檜の山の枝差し交はす高みよりくるひかりあり素志たがはざれ
                         前登志夫
*「高みよりくるひかり」を見て、自分の素志(平素から抱いている志)に違いはないことを確認している。

  はるかなる道を思へば天涯に春かりがねの一条の素志
                         石井和子
*壮大で美しい作品。

f:id:amanokakeru:20200530063329j:plain

檜の山

 

こころざし(2/3)

  志くずれゆくごと見られつつひと庭しろき鷺草も散る
                        馬場あき子
*鷺草の唇弁は大きく、その開いた様子が白鷺が翼を広げた様に似ていることが和名の由来である。その美しい花が散る様子をみると、「志くずれゆく」ように感じられるのだ。

  こころざしいまだ朽ちざる頽齢のすさまじ 二十日越しの空梅雨(からつゆ)
                         塚本邦雄
  こころざし遂げなばあとは何遂げむ朱の海鞘(ほや)噛むは舌噛むごとし
                         塚本邦雄
*海鞘: ホヤは海産動物の総称。凹凸のあるその形状から「海のパイナップル」と呼ばれる。ホヤの仲間は日本だけでも百数十種程もいるとされる。そのうち食用とされているのは「真ホヤ」と「赤ホヤ」など、ごく一部。
 うたの下句は、切ってある赤ホヤの形状が舌に似ていることから理解できよう。ただ上句とどう繋げて解釈するか? こころざしを遂げたなら、あとは余計なことはするな、という
助言であろう。

  男と男父と息子を結ぶもの志とはかなしき言葉
                        佐佐木幸綱
  まつはただ意志あるのみの今日なれど眼つぶればまぶたの重し
                         窪田空穂
  意思表示せまり声なきこえを背にただ掌の中にマッチ擦(す)るのみ
                         岸上大作
安保闘争のデモの渦中に身を投じた経験と恋とをうたった作品「意志表示」が有名。
失恋を理由として下宿の窓で首を吊って自殺、享年21。

  生きていれば意志は後から従きくると思いぬ冬の橋渡りつつ
                        道浦母都子
全共闘運動に関わった学生時代を歌った歌集『無援の抒情』が有名。

f:id:amanokakeru:20200529063722j:plain

海鞘 (WEBから)

こころざし(1/3)

 「こころざし」という言葉の響きにロマンと心の余裕を感じる。こころざし(志)とは、➀心に思い決めた目的や目標、➁相手のためを思う気持、➂謝意や好意などを表すために贈る金品 などを意味する。類似の言葉に、意志、素志などがある。

  こころざし深くそめてしをりければ消えあへぬ雪の花と見ゆらむ
                   古今集・よみ人しらず
*「気持を深く持っているので、消えきらない雪が花と見えるのであろう。」

  心ざし有りてのみやは人を訪ふなさけはなどと思ふばかりぞ
                       山家集西行
  こころざし低からねども或る日には雲の下ゆく雲が苦しも
                        前川佐美雄
  こころざし低きあはれは知りながら陽翳る舗道を見おろして立つ
                         島田修二
  花こぼす槐(ゑんじゆ)の傍に暦売るこころざしみな痩せしとおもふ
                         大野誠
*槐: エンジュはマメ亜科エンジュ属の落葉高木。開花は7月。
この歌で謎な点は、エンジュの花は夏季なのに、その頃暦を売る、という季節違いの行為である。この暦は、今年のものなのか来年のものなのか。多分今年の売れ残りの暦なのだろう。あえてそれを売るというこころざしを指している。暗喩とすれば了解できよう。

  葉はすべて棘(とげ)と化しつつ夜を遁るるこころざしいつか固からむとす
                         大野誠
  志はるかなりわれ何遂げし墓山はいま白雨のそそぎ
                         春日井瀇

 

f:id:amanokakeru:20200528064710j:plain