天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

小池光の短歌―ユーモア(1/26)

 先日ご紹介したように小池光さんの第十歌集『梨の花』が出版されたが、これを読んでも小池光短歌の最大の特徴は、ユーモアにあると痛感した。あらためて第一歌集から第十歌集について、ユーモアの面から読み直してみた。このシリーズでは、小池短歌のユーモアの源泉をまとめてみたい。ちなみにユーモアが目立ってくるのは、第三歌集『日々の思い出』からである。
 辞書によるとユーモアとは、思わず微笑させるような、上品で機知に富んだしゃれ。人間の行動その他の現実の事象に対してそれをおかしみの面からとらえ、表現しようとする精神態度、ないしはそこに表現された滑稽さそのものをさす。
 ユーモアの感情を表現するには、品詞の使い方に工夫が必要である。本シリーズでは、次のような観点から分類し、それぞれに例歌をあげることにした。一首に複数の工夫がなされていることも多々ある。作品は発行された歌集順に並べた。

( 1)副詞(句): 副詞は、おもに動詞,形容詞,副詞を修飾して,それらの
    意味に様態や程度などのうえでの制限を加える働きをもつ。 自立語で
    活用がなく、主語にならない語のうちで、主として、それだけで下に来る
    用言を修飾する。〈はっきり〉など事物の情態を表し動詞を修飾する情態
    副詞,〈ちょっと〉など事物の性質・情態の程度を表し形容詞・形容動詞
    を修飾する程度副詞,〈決して〉など述語の陳述にかかる陳述副詞に3分
    される。
( 2)助詞・助動詞 : 助詞は、付属語のうち、活用のないもの。常に、自立語
    または自立語に付属語の付いたものに付属し、その語句と他の語句との
    関係を示したり、陳述に一定の意味を加えたりする。
    助動詞は、付属語のうち、活用のあるもの。用言や他の助動詞について
    叙述を助けたり、体言、その他の語について叙述の意味を加えたりする働き
    をする。意味によって,受身・可能・自発・尊敬(れる・られる),使役
    (せる・させる),丁寧(です・ます),打消し(ない・ぬ),過去(た),
    推量(う・よう),推定(らしい),希望(たい),指定(だ),比況
    (ようだ),様態・伝聞(そうだ)などに分けられる。
( 3)オノマトペ : 擬音語、擬声語、擬態語。 
( 4)リフレイン(念押し、冗語)  
( 5)とり合わせ(飛躍、強引、似通った押韻の異なる言葉の取り合わせ、雅と俗)
( 6)「われ」の描写(見立て・客観ねじれ・客観視)
( 7)主体のとり方(体の部分、人間以外)
( 8)把握・認識の仕方
( 9)当たり前のことを正確にあらためて詠む
(10)過剰に丁寧・厳かな言い方、哲学的もの言い、言葉の珍しい組み合わせ、造語
(11)擬人法: 強調したり親近感・滑稽(こっけい)感を出したりする目的で、
    人間以外のものを人間めかして大げさに表現する技法。
(12)比喩: なぞらえ,見立て,喩えを用いる言語表現の総称。
(13)表記(通常と違うもの、謎解き効果)
(14)漢字の読み方を変える
(15)漢字の成り立ちからの発想
(16)話言葉、卑俗な言葉
(17)結句に古語を使用
(18)同音異語(同音の別文字に転化)
(19)似通った押韻の異なる言葉の取り合わせ
(20)[動詞+こと]で名詞句+を+し+て
(21)掛詞: 二つ以上の意味が含まれている言葉。

 なお、このシリーズで載せた参考画像は、webから借用したもの。

f:id:amanokakeru:20191114001121j:plain

小池光さん 仙台文学館

千鳥のうた(6/6)

 俳句では、千鳥は冬の季語。

     星崎の闇を見よとや啼(なく)千鳥        芭蕉
*星崎は名古屋市南区にある千鳥の名所で歌枕。星と闇との取合せ。
 この句を記念した千鳥塚が名古屋市緑区鳴海町・千句塚公園にある。
 文字は芭蕉の筆、これは芭蕉存命中に建てられた唯一の翁塚であり、俳文学
 史上稀有の遺跡という。

 

     一疋のはね馬もなし川千鳥        芭蕉
     千鳥立(たち)更(ふけ)行(ゆく)初夜(しよや)の日枝(ひえ)おろし
                         芭蕉
*比叡颪(日枝おろし)の寒風の中、千鳥の群が鳴きながら飛んでいく。戌の刻
 (現在の午後8時ごろ)のこと。

 

     上汐の千住を越ゆる千鳥かな      正岡子規
     浦富士は夜天に見えて鳴く千鳥     鈴木花蓑
     吹かれよりて千鳥の足のそろひけり   渡辺水巴
     裏となり表となりて千鳥飛ぶ     五十嵐播水
     鳴く千鳥水さえざえと暮れのこる    瀧 春一
     千鳥の声鈴振るやうに子のマラソン  加藤知世子
     啼く千鳥攫ひて風の荒ぶなり     上田千枝子
     追ふ千鳥追はるる千鳥こゑもなく    行方克巳
     さざ波にさざれ石あり浜千鳥     松本たかし

f:id:amanokakeru:20191113001401j:plain

千鳥塚 (webから)

千鳥のうた(5/6)

  沖つ風雲居に吹きて有明の月にみだるるむら千鳥かな
                     村田春海
*雲居: 雲のある場所。雲のたなびいている所。大空。

 

  千鳥なく相模の冬の荒き波あらかろがろし一人来ましぬ
                     川田 順
  まひわたる千鳥が群は浪のうへに低くつづきて夕日さしをり
                     若山牧水
  とらへがたく微けきひかり千鳥ゐて冷砂のあひに抱卵のさま
                     葛原妙子
  帰依不帰依いずれ空しく川床に遊ぶ千鳥の二羽又三羽
                    石田比呂志
*帰依: 神仏や高僧などのすぐれた者を信じ、それによりすがること
大辞林 第三版)。

 

  島の渚に日は照らせれど消しがたき影ひとつ持ちて遊ぶ千鳥は
                     安田章生
  かぎりなくさびしきことの一つにて雄(お)の千鳥雌(め)の千鳥に添えり
                     川口常孝
  笛のごと夕べ啼きあふ小千鳥の黒点点と中州をはしる
                    浜口美知子
*小千鳥: 全長16センチメートル 内外で、日本産のチドリ類では最小。
 ユーラシアに広く分布。日本ではおもに夏鳥として渡来して海岸・河原など
 の砂礫されき地に営巣する。(大辞林 第三版から)

 

  弘法麦かすかに揺るる静けさに白千鳥ひとつ鳴きて夕づく
                     南 丘華
*白千鳥: 全長約18センチメートル。背面は灰褐色、腹面は白く、胸に前で
 切れている黒帯がある。(大辞林 第三版から)

f:id:amanokakeru:20191112001309j:plain

むら千鳥

 

千鳥のうた(4/6)

  おりゐれば磯うつ浪に玉ゆらの戸わたる千鳥声ぞのこれる
                       正徹
  かれす猶妻とふ千鳥声さむし河辺の茅原(ちはら)しも深き夜に
                     岡本宗好
*岡本宗好は、江戸前期の国学者。松永貞徳・中院通茂に学び、水戸光圀
 に仕えた。

 

  神山の夜半の木がらし音さえてみたらし川に衛(ちどり)なくなり
                     香川景樹
  難波江や月かげさえてみだれ蘆の末こす風に千鳥鳴くなり
                    木下長嘯子
*木下長嘯子は、江戸前期の武将・歌人。若狭小浜城主。

 

  友千鳥遠き神代のあととめてそがのかはらに今も鳴くなり
                     原 安適
*原 安適は、江戸時代前期-中期の医師,歌人

 

  あふみのみ打出の浜を夜行けば波うちぎはに千鳥なくなり
                     熊谷直好
*熊谷直好は、江戸後期の歌人。香川景樹に師事する。

 

  千鳥鳴く堤の風を寒しとも我れは思はず思ふ子ゆゑに
                     落合直文
  河かぜに千鳥ふかれてはたはたと打つや蘇小(そせう)が湯殿の障子
                    与謝野晶子
*蘇小は、校書と同じく芸者をさす支那名で、白楽天にある言葉らしい。
 この歌は、京の芸子の住まいの様子を詠んだもの。

f:id:amanokakeru:20191111000152j:plain

千鳥

千鳥のうた(3/6)

  かぜ吹けばよそになるみのかたおもひ思はぬ浪になく千鳥かな
                   新古今集藤原秀能
*「よそになる身」、「鳴海の潟」、「片思ひ」がそれぞれ掛けられている。
 即ち、「風が吹き、遠くに吹き流された身(鳴海)は、番いから引き
 離され(片思い)、鳴海潟を思いつつ(潟を思い)、思いもよらない
 外海の波の上で鳴いている、その一羽はぐれた千鳥よ。」

 

  夕なぎに門(と)渡(わた)る千鳥波間より見ゆるこじまの雲に消えぬる
                   新古今集・藤原実定
  月ぞ澄むたれかはここに紀の国や吹上の千鳥ひとり鳴くなり
                   新古今集・藤原良経
*「紀」と「来」が掛けてある。「月が澄んでいる。ここは紀伊の国吹上の浜。
 誰がこの地を訪ねて来てくれようか。千鳥一羽だけ鳴いているだけ。」吹上は、
 和歌山市西南部から紀ノ川河口一帯の地をさすらしい。

 

  浦人のひもゆふぐれになるみがたかへる袖より千鳥なくなり
                   新古今集・源 通光
*「ひもゆふぐれに」は、「日も夕暮に」に「紐結ふ」を掛け、袖の縁語
 としている。また「ゆふぐれになる」と「なるみがた」とが掛かり合う。
 鳴海潟は、名古屋市緑区あたりにあった入江。新古今集の典型的技法。
 なお先行して古今集には、「唐衣ひもゆふぐれになる時は返す返すぞ人は
 こひしき」(読み人しらず)がある。

 

  月の澄むむみおや川原に霜冴えて千鳥とほ立つ声きこゆなり
                      山家集西行
  岩こゆるあらいそ波にたつ千鳥こころならずや浦づたふらむ
                      千載集・道因
  わが君にあふくま川のさよ千鳥かきとどめつるあとぞうれしき
                   拾遺愚草・藤原定家
  鳴く千鳥袖のみなとをとひ来(こ)かしもろこし舟もよるの寝覚めに
                   拾遺愚草・藤原定家
*「自分の袖を夢の港に定めて、千鳥や唐への船が寝覚めに訪れたか」という。

f:id:amanokakeru:20191110000554j:plain

鳴海

千鳥のうた(2/6)

 百千鳥には、次の三つの場合があるので注意を要する。(大辞林 第三版の解説
から引く。)
① 多くの小鳥。いろいろの鳥。また、春の山野に小鳥が群がりさえずるさまや
 その鳴き声をいう。古今伝授の三鳥の一。 「 ―さへづる春は/古今 春上」
② チドリの別名。 「友をなみ川瀬にのみぞ立ちゐける―とは誰かいひけむ/
 和泉式部集」
③ ウグイスの別名。 「 ―こづたふ竹のよの程も/拾遺愚草」

  しほの山さしでの磯にすむ千鳥君が御代をばやちよとぞ鳴く
                 古今集・読人しらず
*「さしでの磯」は、山梨県山梨市の中心部、笛吹川沿い位置する景勝地、歌枕。

 

  思ひかね妹(いも)がりゆけば冬の夜の川風寒み千鳥鳴くなり
                  拾遺集・紀 貫之
*「恋しい思いに耐え兼ねて愛する人のもとへ出かけて行くと、冬の夜の風は寒い
  ので千鳥が鳴く、その声が聞こえる。」

 

  夕されば佐保の河原の河霧に友まどはせる千鳥鳴くなり
                  拾遺集・紀 友則
*「友まどはせる」は、友とはぐれてしまった、と解釈しておけばよい。

 

  友を無み川瀬にのみぞ立ちゐける百千鳥とはたれかいひけん
                     和泉式部
  明けぬなり加茂の河瀬に千鳥なく今日もはかなく暮れむとすらむ
                   後拾遺集・円松
  佐保川の霧のあなたに鳴く千鳥声はへだてぬ物にぞありける
                 後拾遺集藤原頼宗
  淡路島かよふ千鳥のなく声にいくよねざめぬ須磨のせきもり
                   金葉集・源兼昌
百人一首で知られる。「淡路島から渡ってくる千鳥の鳴き声に、幾夜目を覚
 まさせられたことだろうか、須磨の関守は。」

f:id:amanokakeru:20191109000231j:plain

さしでの磯

千鳥のうた(1/6)

 シギ目チドリ科に属す。鴫に似ているが嘴は短く、先がふくらむ。種類により鳴き声は違うが、哀調がこもり古来詩歌の素材となった。足をまじえて歩くので「千鳥足」、列になって飛ぶ様子は「千鳥掛」という。友千鳥、浜千鳥、夕波千鳥、小夜千鳥、むら千鳥 などの言葉がある。和歌ではよく詠まれたが(万葉集には、26首ほど)、現代短歌ではそれほどでもない。

  淡海(あふみ)の海(うみ)夕波千鳥汝(な)が鳴けば情(こころ)もしのに
  古(いにしへ)思ほゆ           万葉集・柿本人麿
*教科書に出ているほど有名な歌。「夕波千鳥」は、人麿の造語というが、
 素晴らしい。「情もしのに」とは、心もしおれるほどに、といった意味。

  
  飫宇(おう)の海の河原の千鳥汝(な)が鳴けばわが佐保河の思(おも)ほゆらくに
                       万葉集・門部王
*出雲守として出雲国に赴任していた門部王(かどべのおほきみ)が奈良の
 都を思い出して詠んだ一首。「飫宇の海」は島根県宍道湖の横の中海をさす。
 佐保河は奈良県にある。

 

  さ夜中に友呼ぶ千鳥もの思ふとわびをる時に鳴きつつもとな
                      万葉集大神女郎
大神女郎(おほみわのいらつめ)が大伴家持に贈った恋歌。意味は、「夜ふけ
 に友を呼ぶ千鳥が、物思いの寂しい時に鳴きつづけて心に染みます。」
 なお、大神女郎については詳細不明。

 

  ぬばたまの夜(よ)の更(ふ)けゆけば久木(ひさき)生(お)ふる清き川原に千鳥
  しば鳴く                万葉集山部赤人
*久木は、アカメガシワまたはキササゲの古名。

 

  佐保川の清き川原に鳴く千鳥蝦(かはづ)と二つ忘れかねつも
                      万葉集・作者未詳
  わが門(かど)の榎(え)の実もり喫(は)む百千鳥千鳥は来れど君そ来まさぬ
                      万葉集・作者未詳
  夕霧に千鳥の鳴きし佐保(さほ)路(ぢ)をば荒らしやしてむ見るよし
  を無み                 万葉集円方女王
円方女王は、長屋王の息女。これは、智努女王(ちののおほきみ)が死んだ
 後に作った挽歌。死んでしまって逢いに行くこともできないので、道に草木が
 深く繁って野にもどってしまう、という状況。

f:id:amanokakeru:20191108000629j:plain
f:id:amanokakeru:20191108000544j:plain
千鳥  飫宇の海