天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

戦争を詠むー出征

 出征とは軍隊の一員として戦地に出発すること。

 

  たたかひの島に向ふと ひそかなる思ひをもりて、親子ねむりぬ

                        釈 迢空

  若くして 心真直(マナホ)に征きにける伍長一人を 心にたもつ

                        折口春洋

*折口春洋は、折口信夫釈迢空)の短歌の弟子であり養子関係を結んだが、同性愛者であった折口の実質的な愛人であったという。前の釈迢空の歌もこうした背景下で鑑賞するのだ。

 

  弟の征く日まぢかし何をかも告げむとするや我はしきりに

                       前川佐美雄

  心決して征(ゆ)かむ朝(あした)よ白々と双葉の山に雲光りたり

                        渡辺直己

  戦へば必ず勝つと露深き草生(くさふ)の径を踏みて出征(いでた)つ

                        宮 柊二

*作者は、昭和14年日本製鉄にはいり、同年応召で中国各地を転戦。山西省で足掛け5年兵士として過ごした。

 

  征く君と話少なしなほ生きて世の移るさま見たしとも言ふ

                        近藤芳美

*作者は、第2次世界大戦中の 1940年に召集され,中国に送られた。

 

  辞書一冊わが手に遺し南海へ征くと書き来て君の帰らず

                       山本かね子

  「勝つもまた悲し」と征きて遺したる学生のその黄金(きん)色のことば

                        上村典子

  読みさしの本に栞をはさみこみ征かねばならぬ学のなかばに

                       三浦富美子

  学徒出陣はじまりし年にわが生(あ)れて親しまず来つ死(サナトス)日本

                        伊藤一彦

*サナトス: タナトスとも言う。ギリシア神話に登場するそのものを神格化した神。

f:id:amanokakeru:20210516063922j:plain

学徒出陣

 

戦争を詠むー兵(5/5)

  インパール戦の生き残り兵寡黙にて菊に水遣る朝に夕べに

                         木村光子

インパール戦: イギリス領インド帝国北東部の都市であるインパール攻略を目指した戦のこと。兵站を無視し精神論を重視した杜撰な作戦により、多くの犠牲を出して歴史的敗北を喫した。

 

  必定の死を前提に一日(いちにち)一日(いちにち)生きて迷ひなき兵の日ありき

                         吉野昌夫

  地に深くひそみ戦ふ タリバンの少年兵を われは蔑(な)みせず

                         岡野弘彦

  兵士には多くの子らも混じれると外電は伝ふ声を抑へて

                         佐藤通雅

  ナースとして生きゆくことを洩らししとふ女兵士も銃殺されぬ

                         山村泰彦

  ざくざくと林檎を齧るざくざくと砂行く兵士の足音させて

                         三井 修

*林檎を齧るざくざくという音から砂行く兵士を連想した、と解釈するのだろう。

 

  学徒兵の友が残せる万葉集別離の歌のページ折られあり

                         森川平八

  学徒兵われの征(ゆ)きけるたかぶりの目の奥にゐし小さな母よ

                         斎藤祥郎

*学徒兵である作者の出征を見送る小さな母の姿がなんとも哀れで悲しい。

f:id:amanokakeru:20210515062508j:plain

タリバンの少年兵 (WEBから)


 

戦争を詠むー兵(4/5)

  夏の巷、黒きいなごのごとき手の樂(がく)嫋嫋とつよし廢兵

                         塚本邦雄

  突風に生卵割れ、かつてかく撃ちぬかれたる兵士の眼

                         塚本邦雄

  膝頭いたく尖りて死にし兵かたへに置きて雪に穴掘る

                        大内與五郎

*過酷な労働を強いられたシベリア抑留における体験らしい。

 

  火の色に行き行く旗らまなうらに夜を寝むひとりの脱走の兵

                         近藤芳美

  革命の女兵士にて銃を膝にひととき恍と口紅をひく

                         太田青丘

  かつてわれ兵に召されて忠節を励みて二つ星いただけり

                         山崎方代

*作者は昭和16年に臨時招集され、シンガポール、ジャワ島、ティモール島などを転戦、ティモール島のクーパンの闘いで負傷し、右目を失明した。

 

  かかるものを文字は残せり病みてわが兵たりえぬを悲しみし歌

                         竹山 広

  ただひとり喊声あげて尾根のみち迫りくる敵兵だれが撃つのか

                         舛井義郎

 

f:id:amanokakeru:20210514061512j:plain

生卵

戦争を詠むー兵(3/5)

  糧食尽きはててあかざの葉を食へり傷病兵等衰へて行く

                         小泉苳三

*あかざ: 畑や空地などに多い雑草。葉は茹でて食べることができ、同じアカザ科のホウレンソウによく似た味がする。シュウ酸を多く含むため生食には適さない。

 

  あたらしき国を護りの戦を予想しゆけり老兵君は

                         吉田正俊

  つらなめて街行く兵の足音の遠ざかる時わが涙うかぶ

                         柴生田稔

  あまりにも月明ければ、草の上に まだ寝に行かぬ兵とかたるも

                         折口春洋

  相共に老いたる兵として出でし戦ひなれば君は帰り来ず

                         樋口賢治

  からだより大き荷を負ひ前こごみに兵還りゆく昨日も今日も

                         香川 進

  包囲に移りきたれる敵兵が霧の中にて喇叭(らつぱ)を吹けり

                         宮 柊二

 

f:id:amanokakeru:20210513064028j:plain

あかざ

戦争を詠むー兵(2/5)

  もののふの矢(や)並(なみ)つくろふ籠手(こて)の上に霰たばしる那須の篠(しの)原

                     金槐集・源 実朝

*籠手: 戦闘時に上腕部から手の甲までを守るための防具。この歌は、栃木県那須野における狩猟の時の情景。

 

  もののふの取りつたへたる梓弓引いては人のかへすものかは

                    平家物語・梶原景高

  もののふの草むす屍(かばね)としふりて秋風さむしきちかうの原

                         河津美樹

  軍兵(ぐんぴやう)は物言はずして大将の下知きく時ぞいくさには勝つ

                    甲陽軍鑑武田信玄

*下知(げち): 命令。いいつけ。

 

  汽車のなかに妻子や親と睦みゐる応召兵と乗り合せたり

                       久保田不二子

  予備兵にわれはありけりねもごろに現役兵のものいふきけば

                         半田良平

*予備兵: 現役を終わった軍人で平常は市民生活を送り、非常時に召集されて軍務に服する。

 

  人間の流すべき汗をながしつくし予備兵われはかなしかりけり

                         半田良平

 

f:id:amanokakeru:20210512062838j:plain

籠手

戦争を詠むー兵(1/5)

 「兵」という漢字は、古代中国では戦争そのものを表していた。そこから戦争をする人を兵士と呼ぶようになった。その後、「兵」だけで、「兵士」を意味する語として使われるようになり、現代に至っている。和歌では、武人、武士を意味する「もののふ」や勇ましい男である「ますらを」や「をのこ」を用いて内容から兵士とわかるように詠んでいた。また防人(さきもり)という職務の言葉を用いた。

 

  ますらをの鞆(とも)の音すなりもののふの大臣(おほまへつきみ)楯(たて)立つらしも

                     万葉集元明天皇

*鞆: 弓を射る時に左手首の内側につけて、を放ったあと弓の弦が腕や釧に当たるのを防ぐ道具(百科事典)。なお楯は、矢、石、剣などによる攻撃を防ぐための武具。

一首は、元明天皇の即位を祝うために兵士たちが弓の弦を打ち鳴らしたり楯を立てたりする様子の勇ましさを詠っている。

「勇士たちの鞆を弓の弦がはじく音が聞こえてくる。物部の大臣が楯を立てているようだ。」

 

  ますらをの得物矢(さつや)手(た)ばさみ立ち向ひ射る円方(まとかた)は見るに

  さやけし                万葉集舎人娘子

*円方: 現在地名として残っていないが、三重県松阪市東黒部町の中野川周辺であるとされている。上句によってこの地を誉めている構成。

「立派な男子が矢を手に挿み立ち向かって射る的のように、円方は見るに清々しい。」

 

  千万(ちよろづ)の軍(いくさ)なりとも言(こと)挙(あ)げせず取りて来ぬべき

  男(をのこ)とぞ思ふ           万葉集高橋虫麻呂

*「一千万の軍勢であろうと、あなたはとやかく言わずに黙って打ちとってくる男だと思っています。」

 

  大夫(ますらお)の靱(ゆき)取り負(お)ひて出でて行けば別れを惜しみ嘆きけむ妻

                     万葉集大伴家持

*靭: 上古時代に矢を入れて携行した武具の一種。

「立派な大夫が靫取り背負って出立して行くと、別れを惜しんで嘆くでしょう、妻は。」

 

  今替る新防人(にひさきもり)が船出する海原のうへに波なさきそね

                     万葉集大伴家持

  今年行く新島守(にひじまもり)が麻衣(ころも)肩の紕(まよひ)は誰か取り見む

                     万葉集・作者未詳

*紕: 織物の糸や髪の毛が乱れること。ほつれ。

「今年送られて行く 新しい防人の麻の衣の肩のほつれは、いったい誰が繕ってやるのだろう。」

  防人に行くは誰(た)が夫(せ)と問ふ人を見るが羨(とも)しさ物思(ものもひ)もせず

                     万葉集・作者未詳

*結句の解釈は、「(夫が防人として行ってしまう)私の気持を知りもしないで。」と「(問う人は)悩んでもいない。」とする二通りがある。

 

f:id:amanokakeru:20210511063017j:plain

鞆(とも)

まつりごと・政治のうた(3/3)

  教師らを信ずるなくて一国の何の政治といきどほろしき

                        窪田章一郎

  政変のありとふ記事も日(にち)にちに遠きひびきを聞くごとく読む

                         山本友一

  恃むなき政治とすでに彼らいう少年ら輝やかに誇りし兵のなき国

                         武川忠一

  乱世を生き堪ふるとき閑人の口より出でて詩は胸に沁む

                         安田章生

  くらがりになつ柑の実と在るわれはさびしきわれは政治を嫌ふ

                         岡井 隆

  乱世と治世というもひとつにて踏めば卵の黄味がくずるる

                         川口常孝

  大衆と民衆の断谷填(う)めがたく童話にすぎぬ日本の政治

                         岸上大作

*「大衆」は社会の大多数を占める、特定の階級・立場に属さない一般的な勤労階級の人々の意を表す。それに対して「民衆」は国家や社会を構成する、被支配階級としての普通の人々の意を表す。(大辞林から)

 歌は、日本の政治は大衆と民衆を同一視している、とみているのだろうか。

 

f:id:amanokakeru:20210510064207j:plain

なつ柑の実