天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

食のうたー肉(1/2)

 日本では古来、狩猟で得た獣(シカ、イノシシ、ウサギ、野鳥など)の肉は食べていた。食用に家畜を育てる習慣はなかった。仏教伝来以降は、獣肉全般が敬遠されるようになっていった。明治時代になって、牛肉を食べることが文明開化の象徴と考えられ、牛肉を使ったすき焼きが流行した。

 

  銀の皿に脂(あぶら)爆ぜながら運ばれしこの雛鶏を終へば別れむ

                     植松寿樹

*結句の「別れむ」とは、もちろん身内か知人を指す。

 

  飯食はぬ少年のため雛鶏をあぶりしもとめ砂の街来つ

                     大野誠

  鶏を割(さ)く父の記憶滴りて逸楽はあり赤き臓腑と

                     浜田 到

*なんとも不気味な内容。逸楽とは作者にとってだろう。

 

  肝(きも)を召せ鶏(とり)の肝召して養へと更年期のをんな友達ら来る

                    前川佐美雄

*上句は、更年期のをんな友達らが作者に薦めたことだろうが、彼女たち自身の願いでもあったろう。

 

  うす桃色の鶏の生身を積みし箱手鉤に引かれ店深く入る

                     室田陽子

  羊肉をさかんなる火にあぶり食ふ誰も原人の骨格もてり

                    真鍋美恵子

*上句の情景から下句の考えが浮かんだのだろう。

 

  肉塊を置くガラス器の中灯り花売る店のごとく華やぐ

                    冨小路禎子

  マトン肉焼きちぢまれば皿に取る體温(あたた)むるは山行のため

                     竹内邦雄

*山行(さんこう): 山歩き、登山。

 

f:id:amanokakeru:20200804065025j:plain

焼き鳥

食のうたー蕎麦、うどん、ラーメン(3/3)

 ラーメン: 中華麺とスープを主とし、様々な具(チャーシュー、メンマ、味付け玉子、刻み葱、海苔など)を組み合わせた麺料理。日本への伝播としては、明治時代を迎え神戸や横浜などの港町に中華街が誕生し、そこで提供された南京そばに始まるとされる。(参照: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』)

 

  ひと泣きしてたっぷりとまた食べに来るきつねうどん あなたも食べていますか

                      梅内美華子

  麦(むぎ)縄(なは)といふ古き名を思ひつつ初秋(しよしう)の熱きうどんを食へり

                       高野公彦

*麦縄: 中国では索(さく)餅(べい)と呼ばれたもの。小麦粉と米粉を合わせ,塩を加えてこね,縄のようにねじった形にしたものとされ,煮て食べたらしい。

 

  堰を越え流れてきたるうどん片(へん)体くねらししのち沈みたり

                       音羽 晃

  即席ラーメン湯にふやけゆく刻の間を今日一日のわが身装う

                       浜田康敬

*下句の解釈: 朝方に今日一日のための服装を身に着けているのだろう。

朝食を即席ラーメンで済ませるとは、忙しい仕事についていたと思われる。

 

  どうにでもなれと屋台のラーメンの湯気よ 涙がでるではないか

                       吉岡生夫

  二人して味噌ラーメンの丼に掴まりながら夜の淵にをり

                      渡辺真佐子

*切羽詰まった恋愛関係にある二人を想像する。

 

f:id:amanokakeru:20200803071004j:plain

屋台  (WEBから)

食のうたー蕎麦、うどん、ラーメン(2/3)

 うどん: 小麦粉を練って長く切った、ある程度の幅と太さを持つ麺、またはその料理。遣唐使奈良時代平安時代か)によってもたらされたという。

 

  夕餉にはうどん煮るとてその事を朝より待てりわれも子どもも

                       吉野秀雄

  風邪ひけば母がかならずとりくれし鍋焼うどん今日の昼餉(ひるげ)に

                       滝沢博夫

  うどん屋の饂飩の文字が混沌の文字になるまでを酔う

                       高瀬一誌

  男といふ性は峠を過ぎゆきて<赤いきつね>を啜りゐるなり

                       田島邦彦

*<赤いきつね>: 東洋水産が「マルちゃん」ブランドで製造・販売している和風カップ麺「マルちゃん 赤いきつねうどん」。

 

  こころよりうどんを食へばあぶらげの甘く煮たるは慈悲のごとしも

                       小池 光

  すきとほる汁のそこひにしろじろと夢のまたゆめ大阪うどん

                       小池 光

  すうどんのねぎの青さは空のやう すうどんと空 兵と空腹

                      池田はるみ

*すうどん: 素うどん。関西では、淡口(うすくち)しょうゆを使い、温めたうどんに熱いだしをかけたもの。昔はコショウ,梅が決りだったが,現在は刻みネギ,七味トウガラシを薬味にする。

 

  つゆの夜やきつねうどんのよろしさは相合傘のよろしさに似て

                      池田はるみ

*きつねうどん: かけうどんに甘辛く煮た油揚げを乗せたもの。江戸、明治期に大阪で誕生した。名称は、油揚げがキツネの好物とされている伝承に由来する。 

f:id:amanokakeru:20200802064158j:plain

あぶらげ (油揚げ)

食のうたー蕎麦、うどん、ラーメン(1/3)

 蕎麦: 日本への伝来は奈良時代以前。農民が飢饉などに備えてわずかに栽培する程度の雑穀だった。古くは粒のまま粥にし、あるいは蕎麦粉を蕎麦掻き(そばがき、蕎麦練り とも言う)や、蕎麦焼き(蕎麦粉を水で溶いて焼いたもの。麩の焼きの小麦粉を蕎麦に置き換えたもの)などとして食した。蕎麦粉を麺の形態に加工する調理法は、16世紀末あるいは17世紀初頭に生まれたといわれる。

 

  喰ふそばの

  腹にたらふが、

  あぢきなし。

  遠遣(や)る心 さだまる如し        釈 迢空

*「心を遣る」には、➀心の憂さを晴らす。気晴らしをする。 ➁得意になる。思うままに事をする。 ➂心をその方にやる。思いをはせる。 などの意味がある。

この歌の場合は、遠くの方に思いをはせる、ということ。

 

  手打ち蕎麦大盛りを食ひしづまりし心をはこび神楽坂歩む

                       山本友一

  箸立ての箸抜きながら塩尻のそば一椀になごみゐたりき

                       岡井 隆

  どんぶりを抱へてだれにも見られずに立蕎麦を食ふ時が好きなり

                       岩田 正

  焼そばを昼食べながら泣いている桂一郎におのれ驚く

                      岡部桂一郎

f:id:amanokakeru:20200801065256j:plain

箸立て

 

食のうたー鮨(3/3)

     鮓の石に五(ご)更(から)の鐘のひびきかな

*夜の時間を初更から五更に区分する制度において、五更は御前四時頃に当る。

 

     寂寞(じやくまく)と昼間を鮓のなれ加減

 

     蓼(たで)の葉を此(この)君と申せ雀ずし

*王子猷の詩を踏んでいるらしい。雀鮓にとって蓼の葉は、「此君」ともいうべきなくてはならぬもの。

 雀ずし: イナ、小ダイ、フナなどをすずめ開きにし、その中に鮨飯を詰めた鮨。その形が雀に似ているところからいう。江戸時代、大坂の名物とされた。(辞典による)

 

     夢さめてあはやとひらく一夜ずし

*馴れ時を逸したか、と慌てて鮓を開く。

 

     鮓のいを卯の花衣着たりけり

卯の花衣: 「うらおもてしろし。或は面白くうら青もあり」という詩文あり。

鮓の魚に塩をまぶした白と地の青とを併せて卯の花衣にみたてた。

 

     鮓の石かろき袂の力ラかな

*重い鮓石を軽々と持ち上げるのは、女性刀自の袂の力である。

 

f:id:amanokakeru:20200731064228j:plain

蓼の葉 (WEBから)

食のうたー鮨(2/3)

     鮒(ふな)ずしや彦根の城に雲かかる

*鮒ずし: 日本古来のなれずしの一種。古代から琵琶湖産のニゴロブナなどを主要食材として作られ続けている滋賀県の郷土料理。独特の発酵臭がある。

 

     鮓おしてしばし淋しきこころかな

*鮓を漬けて重しをして作業が終わったあとの気持。

 

     鮓を圧(お)す我レ酒醸(かも)す隣あり

*夏に鮓を漬ける自分と冬に酒造りをする隣人と、いずれもつらい仕事だ、という。

 

     鮓をおす石上(せきじやう)に詩を題すべく

*「石上(せきじやう)に詩を題す」は有名な白楽天の詩からとった。鮓の重しの石は、漢詩を書くのにちょうどいい、と洒落てみた。

 

     すし桶を洗へば浅き游(いう)漁(ぎょ)かな

*游漁: 「游漁出聴」といった荀子の詩(琴の音にひかれて魚が浮かび上がる)を踏まえているらしい。この句では、飯粒目当てに魚が浮いてくる、とした。

 

     真しらげのよね一升や鮓のめし

*真しらげのよね: 精白米。

 

     卓上の鮓に目寒し観魚亭

*卓上に供せられた涼しげな鮓の感じを「目寒し」(目に寒く感じる)と、大げさに表現。

f:id:amanokakeru:20200730065102j:plain

彦根の城 (WEBから)

食のうたー鮨(1/3)

 「すし」は、酢で味付けした飯に、魚介類などの具をのせたり、混ぜ合わせたりした食品で、語源は、「酸し(すし)」からきている。発祥は東南アジアの山間部とされる。

「すし」の漢字には、「鮨」「鮓」「寿司」がある。このうち「寿司」は江戸末期に作られた当て字で、縁起担ぎや賀寿の祝いの意味がこめられている。

 日本の鮨は、すでに奈良時代から知られていた。ただ、和歌に詠まれた例は寡聞にして見たこともない。対して、俳諧・俳句では夏の季語になっている。なかでも与謝蕪村の場合、現代俳人を含めても鮨の句は最多ではなかろうか。ちなみに松尾芭蕉には、鮓の句は見当たらない。

 このシリーズでは、蕪村の作品だけにしぼる。出典は、藤田真一、清登典子 編『蕪村全句集』(おうふう)による。

 

     鮓つけて誰待(たれまつ)としもなき身哉

 

     なれ過(すぎ)た鮓をあるじの遺恨(いこん)哉

*来客に自慢の鮓を出そうとしたのだが、熟れすぎていた。残念がる主人。

 

     一夜鮓馴(なれ)て主(あるじ)の遺恨かな

*前の句を一夜鮓に変えた別案。

 

     鮓桶をこれへと樹下に床几(しやうぎ)哉

*樹下に床几を置いて、封を切って鮓桶をここへもって来てくれ、と指示している。

 

     木(き)のもとに鮓の口切(きる)あるじかな

*前の句の続き。

 

     鮓つけてやがて去(い)ニたる魚屋(うをや)かな

*依頼された鮓を手際よく漬けて、すぐに立ち去る魚屋を詠んだ。

f:id:amanokakeru:20200729064107j:plain

床几