天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

五感の歌―嗅覚(4/5)

  見る限り焼き払ひたる出津の野はいく日ののちも野火の匂ひす
                      吉野庄亨
*出津とは、長崎市の外海(そとめ)の出津(しつ)集落のことだろうか? 詳細不明。

 

  酒の香の恋しき日なり常盤樹に秋のひかりをうち眺めつつ
                      若山牧水
  事きれしからだをゆすりなげかへばはやも空しき人のにほひす
                      今井邦子
*悲しくもリアルな情景。生死の実態を如実に表現している。

 

  売れ残る夕刊の上石置けり雨の匂ひの立つ宵にして
                      近藤芳美
  湧く霧は木のかをりして月の夜の製材所の道をわが通りをり
                     上田三四二
  日につづく夕べなれども髪結ひてもどりし妻の髪匂ふかな
                     上田三四二
*初句二句の表現がユニーク。妻が髪結いで費やした時間を指しているようだ。

 

  嗅覚のするどくなりしことおもふいらいらとして今日も過ぎつつ
                     石川不二子
*老齢になると聴覚や嗅覚が異常に鋭くなり、何かにつけていらいらしてくる
 ものだが。

f:id:amanokakeru:20190825000230j:plain

野火



 

五感の歌―嗅覚(3/5)

  この真昼炭にまじれる古き葉のけぶるにほひを寂しみにけり
                      島木赤彦
  桑畑の畑のめぐりに紫蘇生ひて断(ちぎ)りて居ればにほひするかも
                      斎藤茂吉
  あらしのあと木の葉の青の揉まれたるにほひかなしも空は晴れつつ
                      古泉千樫
  峡ふかき宿駅(まや)に兵とまり馬にほひ革の匂ひの満ちにけるかも
                      中村憲吉
  川芎(せんきゆう)の葉を揉めば発(た)つ薬の香この香は知れり母のにほひなり
                      植松寿樹
*川芎は、漢方薬に用いる生薬の一つ。セリ科センキュウの根茎を湯通し
 して乾燥したもの。補血、鎮静、鎮痛、鎮痙などの作用がある(「漢方薬
 生薬・栄養成分がわかる事典」より)。

 

  広土間に入りて吹き消す提灯の蝋のにほひをときの間嗅ぎつ
                      植松寿樹


  ゆふぐらき蚕飼の部屋に、
  桑の葉
  匂ひをふかく嗅ぐも。侘しく       石原 純

f:id:amanokakeru:20190824001945j:plain

蚕飼 (webから)

五感の歌―嗅覚(2/5)

 以下の千載集や新古今集の歌の「匂ふ」は、美しく照り映える、の意味が強い。

  花ざかり春のやまべを見わたせば空さへにほふ心地こそすれ
                  千載集・藤原師道
  花のいろにあまぎる霞立ちまよひ空さへ匂ふ山ざくらかな
                 新古今集藤原長家
  吉野山はなやさかりに匂ふらむふるさと去らぬ峰の白雲
                 新古今集・藤原家衡
  山里の花のにほひのいかなれや香をたづねくる鶯のなき
                新勅撰集・選子内親王
  わぎも子がそでふりかけし移香(うつりが)のけさは身に入(し)むものをこそおもへ
                  玄々集・源 兼澄
*わぎも子: 「わぎも(吾妹)」に同じ。男性が妻や恋人を、また一般に、女性を
親しみの気持を込めて呼ぶ語。

 

  夜もすがらふりつむ雪の朝ぼらけ匂はぬ花を梢にぞ見る
                 新後撰集・源 師重
*夜もすがら: 一晩中、夜どおし。

 

  山里は夕暮さむし桜花ちりはそめねどにほひしめりて
                      上田秋成
  清見潟まひるを寄するしほの香に新船つくる木の香まじれり
                     佐佐木信綱
清見潟は、静岡市清水区興津、清見寺の前の海岸。三保ノ松原に接し、古来景勝地
 として知られた歌枕の地である。

f:id:amanokakeru:20190823000147j:plain

清見潟

五感の歌―嗅覚(1/5)

 「嗅ぐ」という言葉を直に詠んだ歌は、少ない。具体的なものの「にほひ」「かをり」「香」として表現されている。古典和歌では、梅の花、花橘、桜花などが典型的。
 「にほひ」は古くは、人目につくきわだった美しさを表し、艶めくさまを「にほひやか」と表現した。但し、ここでは嗅覚に焦点を絞るので、こうした転用例は少数にとどめる。

 

  橘のにほへる香かも霍公鳥(ほととぎす)鳴く夜の雨に移ろひぬらむ
                  万葉集大伴家持
  主知らぬ香こそにほへれ秋の野に誰(た)が脱ぎ掛けし藤袴ぞも
                    古今集・素性
  散ると見てあるべきものを梅の花うたて匂ひの袖にとまれる
                    古今集・素性
*一首の意味は、「花が散るのを眺めて終ってしまうべきなのに、梅の花はよけいな
 ことにいつまでも袖に移り香となって残っていることよ。」ということだが、
 付合いが終わって別れた相手の名残を鬱陶しく思っているような内容である。

 

  花の色は雪にまじりて見えずともかをだににほへ人のしるべく
                  古今集・小野 篁
*かをだににほへ: 香をだに匂へ。(せめて)香りだけでも匂って欲しい、の意味。
 人のしるべく: 人が知るように。

 

  こち吹かばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな
                  古今集菅原道真
  吹く風を何いとひけむ梅の花散り来る時ぞ香はまさりける
                 拾遺集凡河内躬恒
*この歌は、謡曲「箙」における梶原景季の場面に、引用されることでも有名。
 景季が箙に梅の枝を挿しているのを見た平家の公達は、この歌などを思い出し、
 花えびらと名づけ「優なるかな」と感じいったのである。

 

  植ゑおきし人なきやどの桜花にほひ華ばかりぞかはらざりける
                後拾遺集・読人しらず
  春の夜のやみにしなれば匂ひ来る梅よりほかの花なかりけり
                 後拾遺集藤原公任

f:id:amanokakeru:20190822000929j:plain

藤袴

五感の歌―味覚

 味覚は、物を食べた時に口内で感じる甘味、辛味、酸味、苦味などの感覚だが、驚いたことに和歌や短歌に詠まれた例が少ない。飲食物の種類は多く詠まれているが、それらの味についてはあまり拘泥しなかったようだ。

 

[甘い]
  柿の実のあまきもありぬ柿の実の渋きもありぬ渋きぞうまき
                        正岡子規
  八つ頭あまく煮たのが食いたくて、妻にいえば妻が煮る八つ頭
                        矢代東村
*八つ頭は里芋の栽培品種の一つ。その形状から,八頭とか九面芋と呼ばれる
 ようになった。縁起物としておせち料理によく使われる。

 

  冬の夜に干魚(ひを)をしづかにほぐすなり甘き日はしばし吾に来ざらむ
                       生方たつゑ
  あたためしミルクがあましいづくにか最後の朝餉食(は)む人もゐむ
                        大西民子
*下句からは、大西民子の境遇が反映しているように思えてしかたない。
 男児を早死産、十年間別居中の夫と協議離婚、同居していた妹の急死により
 身寄りのすべてを失った。

 

  こころよりうどんを食へばあぶらげの甘く煮たるは慈悲のごとしも
                        小池 光
*うどんの旨さを堪能しようという気持があるのだ。

 

[辛い]
  辛きカレーを喰うカウンターのおとこがたしかに大きく見えぬ
                        高瀬一誌
*カレーがよほど辛かったのだろう。こんなカレーを食える男が大きく
 見えたのだ。

 

[酸い]
  じりじりとデモ隊のなか遡行するバスに居りたり酸き孤独噛み
                        岡井 隆
  コーヒーの味すゆくして楽しまぬ今日は悲しきことわが思ふ
                        柴生田稔
  レモンティー飲みて「酸つぱい」と言ひし母声を聞きしは四カ月振り
                        鐘田義直
[苦い]
  遂に怒りを吐いてしまひぬ苦味まで出してしまつた紅茶のやうに
                        小島笑子
*直喩が感覚として分かりにくいが、作者の怒りの言葉を聞いた人は、苦い紅茶
 を飲んだ時のような気分になっただろう、という解釈か。

f:id:amanokakeru:20190821000656j:plain

柿の実

五感の歌―聴覚(2/2)

  律唱の太鼓の響めいめいの知覚にうけて足ぶみしをり
                         遠山光
*律唱という言葉は、辞書に出ていない。リズム感覚 というほどの意味だろう。

 

  そら耳か聞きとめて人語にもあらぬ なべてかそけし夜動くものは
                         斉藤 史
*そら耳: 実際には存在しない声や物音を聞いたように思うこと。人語でも
 ない音を聞いた。

 

  レースの上に椿の花の落ちたりしかすかなる音を今年もききつ
                         河野愛子
  ほのあをき湯に横たはりはるかはるか太古の魚の呼ぶ声を聴く
                         槙弥生子
*「太古の魚」とはどんな魚なのだろう。シーラカンスなら想像しやすいが。

 

  われのみにきこえぬ鐘にふれにしがふるへゐたりき鳴りてゐにしか
                         水原紫苑
  今朝の雨聞きながらさめ醒めながらただに聴きゐる今朝のこの雨
                         杉下幹雄
*寝覚めに聴いている雨音の状況がうまく表現されている。

 

  ききみみをたててもきこえぬ彼の世から声待つ夜半雷鳴ばかり
                         大和類子
*聞こえないと分かっている彼の世からの声に聴き耳をたてている。だが聞こえ
 てくるのは雷鳴ばかり。亡くなった誰かの声を待っているようだ。

f:id:amanokakeru:20190820000323j:plain

 

五感の歌―聴覚(1/2)

聴覚では、「聞く」という言葉を使った歌を集めてみた。音や声だけの例は除外する。
なお「菊」を掛詞にすることあり。

 

  わが聞きし耳に好く似る葦のうれの足痛(ひ)くわが背(せ)勤(つと)めたぶべし
                    万葉集・石川女郎
*大伴宿禰田主との歌のやり取りにある。石川女郎が大伴宿禰田主の家を
 訪れたにもかかわらず自分を家に引き入れもしないで帰したことを
 からかった女郎の歌。意味は、「私が噂に聞いたそのままに葦の若芽のように
 足を引きずってらっしゃったあなた、どうぞお大事にね。」

 

  音にのみきくの白露夜はおきて昼はおもひにあへずけぬべし
                      古今集・素性
*「菊」と「聞く」を掛け、思ひの「ひ」が「日」と掛けてある。夜、菊の花に
 露が置き、昼は日の光にはかなく消えてしまう。噂だけを聞いてあの人を思って
 いる私も、思い乱れるせいで夜は眠れないまま。昼になると辛い恋心に耐えられず、
 露のようにはかなく死んでしまいそう。

 

  風に聞き雲にながむる夕暮の秋のうれへぞたへず成り行く
                    玉葉集・永福門院
  それならぬ事もありしを忘れねといひしばかりを耳にとめけん

                    拾遺集・本院侍従
*「それではないことはあったけれど、私など・忘れて欲しいと、言っただけなのに、
  君は忘れないぞと・耳に留めたのでしょう・身身に沁みたでしょうに。」

 

  バイカルの歌は身に泌むとらはれて死にし弟聞きにけむ歌
                       窪田章一郎
*「バイカルの歌」とは、ロシア民謡バイカル湖のほとり」であろう。デカブリスト
 の乱に材をとったもので、脱走した囚人がバイカル湖を渡り、やっとのことで家に
 ついたら、父親は既に亡くなっていて、兄弟はシベリア送りになっていたという。

 

  一本の臘燃(もや)しつつ妻も吾(あ)も暗き泉を聴くごとくゐる
                        宮 柊二
  郭公が鳴けりといへり朝霧の中かすかにて聴けばきこゆる
                       石川不二子
  春の鶴の首打ちかはす鈍き音こころ死ぬよとひたすらに聴く
                       米川千嘉子
*「首うちかはす」というのは鶴の求愛行動だが、下句の心境は女性作者ならでは
 のものか。

f:id:amanokakeru:20190819000347j:plain

郭公