天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

俳句は取合せ (3/10)

芭蕉の「さみだれ」13句   堀信夫監修『芭蕉全句』(小学館)による。
 ほぼ年代順にあげてみる。
  五月雨に御物遠(おんものどほ)や月の顔     
季語=五月雨、取合せ語=月の顔、連結語(とりはやし)=御物遠
「御物遠」は「ごぶさた」を意味する挨拶言葉。五月雨のせいで、月を見ることがない(ごぶさたしている)。至極もっともな表現・取合せ。
  五月雨も瀬ぶみ尋(たづね)ぬ見馴河(みなれがは)
季語=五月雨、取合せ語=見馴河、連結語(とりはやし)=瀬ぶみ尋ぬ
増水している見馴河に五月雨も雨脚を踏み入れて浅瀬を探していたという(擬人法)。
  五月雨や竜灯(りゆうとう)揚(あぐ)る番太郎(ばんたろう)
季語=五月雨、取合せ語=番太郎、連結語(とりはやし)=竜灯揚る
五月雨の日暮れ、番太郎(辻番)がともした灯が、竜灯(海中の燐光)のように見える、という(比喩)。
  五月雨に鶴の足みじかくなれり
季語=五月雨、取合せ語=鶴の足、連結語(とりはやし)=みじかくなれり
降り続く五月雨で水嵩が増して、水中に立つ鶴の足が短くなってしまった。
  五月雨や桶の輪きるる夜の声
季語=五月雨、取合せ語=夜の声、連結語(とりはやし)=桶の輪きるる
五月雨の降る夜に桶のたがが切れる音がした、という。桶が声をあげたような錯覚を覚える。
  五月雨に鳰(にほ)の浮巣(うきす)を見に行(ゆか)む    
季語=五月雨、取合せ語=鳰の浮巣、連結語(とりはやし)=見に行む
笈の小文』の旅に出る前の予告として、弟子に見せた句らしい。五月雨の琵琶湖でカイツブリを見ることを楽しみにしている気分である。
  五月雨にかくれぬものや瀬田の橋
季語=五月雨、取合せ語=瀬田の橋、連結語(とりはやし)=かくれぬもの
琵琶湖周辺が五月雨に降り込められて見えない中で、ただ瀬田の長橋だけが隠されないで見えている、という。
  五月雨は滝降(ふり)うづむみかさ哉   
季語=五月雨、取合せ語=みかさ、連結語(とりはやし)=滝降うづむ
降りしきる五月雨の水量にせいで、滝さえ埋めてしまうほどだという。

f:id:amanokakeru:20190425001022j:plain

鳰の浮巣 (webから)


 

俳句は取合せ (2/10)

二物衝撃
 取合せ(配合)では、一句の中で、二つの事物(主に、季語と別のモノ・コト)を取り合わせることで、両者に相乗効果を発揮させて、読者を感動に導く。読者にとって衝撃が大きいほど感動も大きくなる。
 一句の構造を取合せの観点から分解すると、次のようになる。
① 季語  ② 取合せ語  ③ 連結語(とりはやし)
具体例
     さみだれをあつめて早し最上川  芭蕉
についてみると、
① 季語=さみだれ
② 取合せ語=最上川
③ 連結語(とりはやし)=あつめて早し
ということになる。では衝撃の度合いをどのように定義するか? 実はこれが厄介である。季語と取合せ語との距離感(離れ具合)や連結語(とりはやし)の効果度によるのだが、これを客観的に定量化することは、文藝の評価が読者の感性(主観)や教養によるだけに、非常に難しい。「さみだれ」を詠んだ別の句と比較してみよう。
     さみだれや大河を前に家二軒   蕪村
① 季語=さみだれ
② 取合せ語=家二軒
③ 連結語(とりはやし)=大河を前に
 季語と取合せ語との距離感の点では、芭蕉句では近い(雨と川の関係)が、蕪村句では少し遠い(雨と家の関係)。連結語(とりはやし)の点から見ても、芭蕉句の「あつめて早し」は、さみだれ最上川との関係を直接に表現しているので、読者はすぐに了解する。驚きは少ない。
更に言えば、最上川でなくても他の川に置き換えられるのでは、との感想もでてこよう。
 対して蕪村句では、「大河を前に家二軒」の情景は、簡単にイメージできるが、それを「さみだれ」と関係づけるところで驚きが大きくなる。さみだれによる大河が家二軒を呑み込んでしまうという想像が湧いてくるからである。衝撃度の点で、芭蕉句よりも蕪村句の方が、はるかに大きい、と評価できる。衝撃度で優劣をつけるなら、蕪村句が優れていることになる。ただ、両句の比較については、「おわり」の章で再考することにした。
 芭蕉や蕪村は、常日頃どのような取合せ(配合)句を詠んでいたのであろう。以下では、それぞれの「さみだれ、さつきあめ(五月雨)」の作品に絞って、傾向を見てゆこう。

f:id:amanokakeru:20190424000507j:plain
f:id:amanokakeru:20190424000533j:plain
最上川、句碑と芭蕉曽良の像



 

俳句は取合せ(1/10)

はじめに
 松尾芭蕉は、俳句の骨法を「発句は畢竟取合物とおもひ侍るべし。二ツ取合て、よくとりはやすを上手と云也」(許六の記録)と、簡潔に要約した。つまり俳句とは、二つのものを取り合せて作る文藝という。もともと俳諧連歌から派生したものなので、取合せには中国や日本の古典さらには謡曲などを踏まえる本歌取りする手法が主流を占めていた。この手法を離れて、現実を重視する態度に転換したのが、芭蕉の開眼であった。
 取合せを少し具体的に言うと、 季語に固執すると発想が貧困になるので、余所(よそ)すなわち季語の埒外に目を向けることによって多くの発想を得る事が出来る。つまり季題・季語と余所のものとの散り合せによる発想が、俳句の基本的な方法なのである。許六による具体例は次のようなもの。
     木がくれて茶つみもきくやほととぎす  芭蕉
茶つみとほととぎすの取合せになっているが、「木がくれて」ととりはやしたので名句になった。
 明治になって正岡子規は、これを配合と呼んだ。なお、「取合せ」俳句の分析法は、途中に切れの入らない一句一章の俳句(他の事物と取り合わせずに、対象となる季語だけに意識を集中させ、その状態や動作を詠んだもの(一物仕立て))にも適用できる。
 本論では、「取合せ」の詳細を、分析する方法から始め、芭蕉と蕪村の五月雨の句と最近の結社誌からの作品例につき見ていくことにしたい。また、俳句を評価する際に、一句独立の作品として鑑賞する場合と、紀行文の中で鑑賞する場合とで異なる点に留意したい。
 分析の多数の例を見ることによって、俳句作法の奥義を感得できそうである。

f:id:amanokakeru:20190423000343j:plain

茶畑

天地(あめつち)は動くか (7/7)

終りに
 和歌の時代には、為政者、武人までが歌を詠んだので、紀貫之が書いたように、やまと歌が天地(=世論・政治)を動かした例があるやも知れぬ。また近代短歌では、第二次世界大戦の敗戦にいたるまでに作られた夥しい数の戦意高揚歌は、国民を突き動かす力を持ったであろう。しかし終戦後の現代短歌は、多くの国民が享受している情況にはない。短歌を趣味とする人々の範囲にとどまっては、天地を動かす力にはなりえない。いかに多くの人々に読んでもらうか。いわゆる露出の工夫と発表の時機が重要である。
 チュニジアジャスミン革命から始まったアラブの春は、インターネットからの発信で実現した。読みやすい新仮名の口語短歌をツイッターに流して、世論に訴えてはどうだろうか。東日本大震災からの復興は、六年以上が経った現在も進捗はままならない。そんな時に、ローマ教皇統治のバチカン市国聖歌隊が復興支援ソング「花は咲く」を日本語で合唱する情景がテレビに映った。聞いているうちに感動して涙が流れ、止まらなかった。まさに「天地が動く」ほどの力を、この歌(作詞:岩井俊二、作曲:菅野よう子)に感じた。短歌と音楽の違いを痛感せざるを得ない。とは言え世論を動かすようないくつもの歌が詠まれることを期待したい。


参考文献  本文に明記した以外のもの。
(1)渡 英子「大震災という契機」「歌壇」2011年11月号。
(2)和合亮一『詩の礫』徳間書店
(3)北原白秋句集『竹林清興』木俣 修編(靖文社)。
(4)高野公彦編『北原白秋歌集』・風隠集「大震抄」(岩波文庫)。

f:id:amanokakeru:20190422001102j:plain

2011年11月号


 

天地(あめつち)は動くか (6/7)

『震災歌集』について
 この長谷川櫂の歌集には、全部で119首の短歌がある。作品全体に関わる特徴をあげると、旧仮名・文語体が基本。韻律については、正調(五七五七七)は30首にすぎず、他の89首は破調で75%もある。それも全て増音である。彼のやむにやまれぬ気持は三十一文字でも表現しきれなかったことがよくわかる。増音の歌の分布は、初句=24首、二句目=25首、三句目=15首、四句目=47首、結句=41首 となっている。短歌のリズムがよく保たれていることが判る。つまり四句目増音は自由度大、結句の増音で抒情の抑止。高度の技術を要する三句目増音は一番少ない。ここに破調の歌でも読みにくくは無く読者が受け入れやすい理由がある。
 長谷川櫂東日本大震災に立ち向かう表現形式として、俳句でなく短歌を選択した理由は、その「寄物陳思」の機能を信頼したからである。「物」には、花鳥風月、人、天然現象、事件 などを含める。「思」には喜怒哀楽の他に批判、批評を含める。一首全体が「物」の記述で「思」が入っていない場合が、写生・情景描写になる。歌集には21首(17.6%)ある。ところで、次のような歌がある。
 (1)天地も鬼神も歌はうごかすと貫之書きし『古今集』仮名序
 (2)「一日に千頭絞り殺さん」といふイザナミに「千五百の産屋立てむ」

    といふイザナギの言葉
(1)には紀貫之の『古今集』仮名序が、(2)には『古事記』の一節が、詞書としてついているのだが、いずれもその内容を短歌形式にしたものにすぎない。前者ではやまと歌の力を、後者では生が死に勝るという死生観を、馴染みのない一般読者むけに強調したのであろうか。むしろ詞書が無い方が良いと思われる。

f:id:amanokakeru:20190421000637j:plain

朝日新聞出版


 

天地(あめつち)は動くか (5/7)

 2011年の短歌甲子園には、震災復興の願いがこめられていた。作品はみな三行書きにしてある。石川啄木『一握の砂』の表記に倣ったようだ。
  東北の空に
  天使はうずくまる
  「翼があっても奇跡は起きない」
          気仙沼高・山内夏帆
  奪われた 二万人から 託された
  今日の笑顔で
  明日を照らそう
          宮城一高・山本真理
新仮名・口語短歌の場合の多行書きでは、短歌臭が消えて人々に馴染みやすくなる。
 東日本大震災の短歌で目立った大きな特徴は、長谷川櫂『震災歌集』に見られる政治や企業に対するストレートな批判であった。落首や狂歌でさえ憚った現実の固有名を出している。
  顔見せぬ菅宰相はかなしけれ一億二千のみなし子
  原子炉が火を噴き灰を散らすともいまだ現れず東電社長
ところで、絵や伝聞から歌を詠むことは、古典和歌の時代にもあった。近代以降の短歌になっても映画やテレビの映像に材をとることは許されている。言うまでもないが、こうした場合の危険性は、話す人や撮影する側の意図に影響されることである。映像だけならまだしもナレーションから詠むのは伝聞から詠むのと同じ危険をはらむ。やらせや虚構に加担する恐れである。窪田空穂の場合はどうであったか。例を次に二首あげておく。詞書に「見るにもまさりて聞くことの悲し。その片はしを」とある。
  その水のいささを賜へむくいにはわが命もといひ寄る処女(をとめ)
  一つ結飯(むすび)割りてやりたる若者と離れがたくもなりし人妻
かなりスキャンダラスな視点である。伝聞から詠む場合、こうした傾向が現れるようだ。
 東日本大震災の折にも、テレビ映像などに刺激されて多くの歌が詠まれた。内容からそれと判るものとそうでないものがある。「短歌」2011年6月号から。
  熱出でし子の背撫でゐる母の背を撫でにゆきたし夜の避難所に

                          栗木京子
  口に鼻に泥の詰まりし遺体ありその気高さは人を哭(な)かしむ        

                          高野公彦
 長谷川櫂は被災者ではなく、『震災歌集』の作品の多くがテレビの映像や報道を見ての短歌であったが、そのことについて、彼は次のように語っている。
「現地の人は詠んでいいけれど、それ以外は詩歌をつくるべきではないという人もいる。
そんなことはない。想像力を無視している。離れているからこそ詠めることもある。」
東日本大震災リサーチ「東日本大震災を詠む(2011年6月16日)」)。

f:id:amanokakeru:20190420000510j:plain

2011年の「短歌甲子園

天地(あめつち)は動くか (4/7)

 一方、東日本大震災では、地震によって引き起こされた津波と東電の福島原発事故が、前二震災と比べて特異な事象であった。津波に関して「震災の歌~鎮魂と希望と」(NHK総合テレビ)から例を二首あげる。
  火の海を燃えつつ沖へ流れゆく漁船数隻阿修羅となりて
                   気仙沼市内海和子
  死に顔を「気持ち悪い」と思ったよごめんじいちゃんひどい孫だね
                  気仙沼高校・畠山海香
 次に原発事故について三例を示す。初めの二首は「震災の歌~鎮魂と希望と」(NHK総合テレビ)から。
  公園に遊ぶ幼の声絶えて乾ける風に花散るばかり
                   いわき市・水竹圭一
  窓開けて涼風病妻(つま)に送りたしされど叶わぬ原発の夏
                    狭山市・若松吉弘
  ああ犬は賢くあらず放射線防護服着る人に尾をふる

             小島ゆかり「歌壇」2012年1月号
 なお、原子力被害については、終戦間際の長崎原爆の惨状をリアリズムで鬼気迫る歌に詠んだ竹山広が史上初といってよい(歌集『とこしへの川』)。
 東日本大震災の短歌で表記の特徴が現れた例を次にあげる。「短歌」2011年6月号から岡野弘彦の作品を三首。
  身にせまる津波つぶさに告ぐる声 乱れざるまま をとめかへらず
  この親に過ぎたる娘(こ)よとなげく父、水漬く屍は 月経てかへる
  映像は夜半(よは)もかなしく流れゐつ。涙を耐へて 眠りなむとす
 岡野弘彦は、釈迢空の短歌表記法(句読点、空白を使う)を受け継いだ弟子である。これら三首について詠み方の特徴をあげれば、上句を一気に詠んで緊張感切迫感を出し、下句を四句と五句にはっきり分けて情感・余情を感じさせるように工夫している。

f:id:amanokakeru:20190419000521j:plain

「短歌」2011年6月号(角川書店