天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

感情を詠むー「苦し」(3/3)

  花見ればそのいはれとはなけれども心のうちぞ苦しかりける
                     山家集西行
*「桜の花を見ると、これと言った理由は無いのだけれども、心の中が苦しい
  ことであった」
 歌の意味は簡明だが、桜の花にこがれ修行した西行の精神生活がしのばれる。

 

  なほざりの空だのめとて待ちし夜の苦しかりしぞ今は恋しき
                 千載集・殷富門院大輔
  うちはへてくるしきものは人目のみしのぶの浦のあまの栲(たく)縄(なは)
                 新古今集・二条院讃岐
*栲縄: 楮こうぞなどの繊維で作った縄。一首の意味は、

 「海岸で海人が長くのばす栲縄の労働が苦しいように、人目を忍ぶ私の恋も
  長く続いて苦しい。」

 

  藻塩やくあまの磯屋のゆふ煙たつ名もくるしおもひ絶えなで
                  新古今集藤原秀能
*「煙たつ」までは、名に掛かる言葉。言いたいことは、「たつ名も」以下である。

 

  おしかへしものを思ふは苦しきに知らず顔にて世をや過ぎまし
                  新古今集・藤原良経
*「おしかへしものを思ふは」とは、くり返しあれこれものを思う、という意味。

 

  苦しくも降りくる雨と云ひしかもこの秋の雨身にしみにけり
                      尾山篤二郎
  こころ粧(よそ)いて混沌(カオス)のなかをゆくことも八十日(やそか)百日(ももか)
  と経(ふ)れば苦しも            木俣 修

f:id:amanokakeru:20190625000852j:plain

藻塩

感情を詠むー「苦し」(2/3)

  世の中はうき物なれや人ごとのとにもかくにもきこえ苦しき
                   後撰集紀貫之
*「世の中は憂わしいことだ。人事の噂は、とにもかくにも聞き苦しい。」

 

  思ひやる方もしられずくるしきは心まどひのつねにやあるらむ
                  後撰集・読人しらず
  ひとりのみ恋ふればくるし呼子鳥声になき出て君にきかせむ
                  後撰集・読人しらず
呼子鳥: カッコウ(ただし、ウグイスやホトトギスだという説もあり)。

 

  こひするは苦しきものと知らすべく人を我が身に暫しなさばや
                  拾遺集・読人しらず
  いきたれば恋することの苦しきになほいのちをば逢ふにかへてむ
                  拾遺集・読人しらず
  まどろまであかすと思へばみじか夜もいかにくるしき物とかはしる
                       和泉式部
*本歌は、藤原道綱母蜻蛉日記)の「歎きつつ独りぬる夜のあくるまはいかに
 久しきものとかは知る」

 

  いかなればしらぬに生ふるうきぬなは苦しやこころ人しれずのみ
                   後拾遺集馬内侍
*うきぬなは: 浮いているじゅんさい。心の動揺することのたとえに使われる。

f:id:amanokakeru:20190624000326j:plain

ジュンサイ

感情を詠むー「苦し」(1/3)

  辞書によると、➀(精神的・肉体的に)苦痛である。つらい。➁気にかかる。気苦労である。➂不都合である。さしつかえがある。などの場合に使われる。なお「苦し」の掛詞に「繰る」がある。語源は、「くるくる(回転)」


  難波潟潮干(しほひ)なありそね沈みにし妹が光儀(すがた)を見まく苦しも
                  万葉集・河辺宮人
*「難波潟には引き潮はあってほしくない。入水したおとめの姿を見るのは辛い。」

 

  苦しくも降り来る雨か神(みわ)の崎狭野の渡りに家もあらなくに
                   万葉集・長奥麿
*「難儀なことに雨が降ってきた。三輪の崎の狭野の渡し場には雨宿りする家
  もないのに。」
 神の崎: 和歌山県新宮市の三輪の崎。狭野の渡り: 今の新宮港あたりの渡し場。

 

  都なる荒れたる家にひとり寝ば旅にまさりて苦しかるべし
                  万葉集大伴旅人
大宰府の長官として三年ほどの任期を終えて奈良の都への帰郷が許された旅人
 だったが、共に都へ帰る妻は大宰府で亡くなってもういない。
 「妻のいない都の荒れた家にひとりで寝たなら、草枕の旅の身にもまして苦しい
  だろう。」

 

  夢の逢(あひ)は苦しかりけり覚(おどろ)きてかき探れども手にも触れねば
                  万葉集大伴家持
  人しれず思へばくるし紅のすゑつむ花の色にいでなむ
                 古今集・読人しらず
*すゑつむ花: 「紅花」の異名。三句以下は、「私の気持も表に出してしまい
 ましょう。」という意味。

 

  忍ぶれば苦しきものを人しれず思ふてふこと誰にかたらむ
                 古今集・読人しらず
  伊勢の海の海人の釣(つり)縄(なは)うちはへてくるしとのみや思ひわたらむ
                 古今集・読人しらず
*釣縄に関わる詞として、「うちはへて」の「うち」が、釣縄を投げる様子、また
 「くるし」の「くる」には手繰るという意味が掛けられている。一首の意味は、
 「伊勢の海人が釣縄を打って長く延ばされたものを手繰るように、苦しいままで
  あの人のことを思い続けるのだろうか。」

f:id:amanokakeru:20190623000707j:plain

神の崎 (webから)

感情を詠むー「悲し」(3/3)

  鳥辺山思ひやるこそ悲しけれ独りや苔の下にくちなむ
                  千載集・藤原成範
*鳥辺山: 京都東山にある墓地、葬送の地。歌には詞書「母の二位みまかりてのち、
 よみ侍りける」がある。つまり歌の下句は、母のことを思いやっている。

 

  もろともに眺めながめて秋の月ひとりにならむことぞ悲しき
                    千載集・西行
*西住は、西行が出家する以前からの友人であり、出家後も同行と呼び合った。
 この歌は、西住上人が病にかかり、先が無いことを知って詠んだもの。西行は、
 高野から都の西住の庵まで上って来てその臨終を看取った、という。

 

  初瀬山いりあひの鐘を聞くたびにむかしの遠くなるぞ悲しき
                  千載集・藤原有家
*「初瀬山に響く夕暮れ時の鐘の音を聞くたびに、昔が遠ざかっていくように思われる
  のが悲しい。」 初瀬山は、奈良県桜井市初瀬町にある山で長谷寺がある。

 

  和歌の浦に月の出しほのさすままによる鳴く鶴の声ぞかなしき
                   新古今集慈円
  津の国の長柄の橋の橋柱ふりぬる身こそ悲しかりけれ
                新勅撰集・読人しらず
*長柄(ながら)の橋: 大阪市大淀区を流れていた長柄川に架けられていた橋。
 歌枕として多くの和歌に詠まれた。この歌では、橋柱までが「ふりぬる」の
 序詞になっている。

 

  夕暮はかならず人をこひなれて日もかたぶけばすでに悲しき
                  玉葉集・遊義門
  衣手(ころもで)に取縋(とりすが)る子の泣きながら親にひかれて行くがかなしき
                      大隈言道
  今日もまた云はであれよと思ふこと妻の云ひいでて悲しき日かな
                      尾上柴舟

 

f:id:amanokakeru:20190622000255p:plain

鳥辺山 (webから)

感情を詠むー「悲し」(2/3)

  わが為にくる秋にしもあらなくに虫の音(ね)きけばまづぞ悲しき
                    古今集・読人しらず
  しののめのほがらほがらと明けゆけばおのがきぬぎぬなるぞ悲しき
                    古今集・読人しらず
*きぬぎぬ: 衣を重ねて掛けて共寝をした男女が、翌朝別れるときそれぞれ身
 につける、その衣。

 

  君がいにし方やいづれぞ白雲のぬしなき宿と見るぞかなしき
                     後撰集藤原清正
  惜しからでかなしきものは身なりけり憂世そむかむ方を知らねば
                      後撰集紀貫之
  ながらへば人の心もみるべきに露のいのちぞかなしかりける
                       後撰集・土佐
  みる夢のうつつになるは世の常ぞ現のゆめになるぞかなしき
                    拾遺集・読人しらず
  わぎもこがねくたれ髪を猿沢の池の玉藻と見るぞ悲しき
                    拾遺集柿本人麻呂
*「いとしい乙女の寝乱れた黒髪を、今猿沢池の美しい藻としてみるのは本当に
  悲しいことです。」帝の寵愛を受けた采女が、寵愛されなくなって池のほとり
 の柳に衣をかけ、入水自殺をした。自殺した池のほとりの柳の下で、柿本人麿
 が歌を歌い、帝も歌うという大和物語150段の名場面にある歌。

 

  かはらむと祈る命は惜しからでさても別れむことぞかなしき
                     詞花集・赤染衛門
*わが子が重病で死に瀕した時の歌。わが子の代わりに死んでもよい、と祈るのだが、
 それで別れとなるのは悲しい、と詠う。今昔物語によると、この母の思いが通じて、
 息子は元気になった、という。

f:id:amanokakeru:20190621000451j:plain

猿沢の池

感情を詠むー「悲し」(1/3)

 「かなし」は、「あはれ」「はかなし」とともに和歌の主題の一つ。じいんと胸に迫り、涙が出るほどに切ない情感を表す。「かなし」には、「愛し」の意味もあるが、このシリーズでは、「悲し」の場合をあげる。

 

  古(いにしへ)の人にわれあれやささなみの故(ふる)き京(みやこ)を見れば悲しき
                       万葉集高市古人
*「古い時代の人間だからか私は、楽浪の近江の旧都を見ると心がいたむ。」

 

  往(ゆ)くさには二人わが見るしこの崎を独(ひと)り過ぐればこころ悲しも
                       万葉集大伴旅人
大伴旅人大宰府の長官としての三年近い任期を終えて奈良へ戻るときに詠んだ
 五首のうちの一首で、大宰府で亡くなった妻を偲ぶ歌。

 

  世の中は空しきものと知る時しいよよますます悲しかりけり
                       万葉集大伴旅人
  うらうらに照れる春日に雲雀あがり情(こころ)悲しも独(ひと)りしおもへば
                       万葉集大伴家持
  春の野に霞たなびきうら悲しこの夕かげに鶯鳴くも
                       万葉集大伴家持
  秋の夜の明くるも知らず鳴く虫はわがごと物や悲しかるらむ
                       古今集藤原敏行
*「秋の夜が明けるのも気づかないで鳴く虫は、私のようにものごとに悲しい思い
  をしているのだろうか。」


  蝉のこゑきけばかなしな夏(なつ)衣(ころも)うすくや人のならむとおもへば
                        古今集紀友則
*「蝉の声を聞くと悲しいことだ。夏衣ではないが、あの人の心も薄くなるだろうと
  思うので。」夏衣は、「うすく」を導く。

 

  明日知らぬ我が身と思へど暮れぬ間の今日は人こそ悲しかりけれ
                        古今集紀貫之
*従兄であった紀友則が亡くなったときに詠んだ歌。人とは紀友則をさす。ふたりは
 古今集の撰者でもあった。

f:id:amanokakeru:20190620000954j:plain

雲雀

感情を詠むー「うれし」(2/2)

  武蔵野のほりかねの井もあるものを嬉しくも水の近づきにけり
                     千載集・藤原俊成
*武蔵野のほりかねの井: 関東地方では台地を漏斗状に掘りこんで,その底部
 に井戸のある巨大なものがあり,《枕草子》に〈ほりかねの井〉として伝えられる
 ものもあった。

 

  おもひいづるをりたく柴の夕煙むせぶもうれし忘れがたみに
                    新古今集後鳥羽院
*「亡き人を思い出すその折に焚く柴の夕べの煙にむせてむせび泣くのも嬉しい
 ことである。それも忘れ形見だと思えば。」 新井白石の随筆『折たく柴の記
 の名称はこの後鳥羽院の歌からきている。

 

  もろ人のうづもれし名をうれしとや苔の下にも今日はみるらむ
                      新勅撰集・慈円
  吹く風も治まれる代のうれしきは花みる時ぞまづ覚えける
                    続古今集後鳥羽院
  秋の夜をふと眼さむれば明らかに洋灯(ランプ)の点(つ)いて居るが嬉しき
                        佐佐木信綱
  年齢一つうへなる君といふ事の何かわれには嬉しかりしか
                          岡 麓

 

f:id:amanokakeru:20190619000401j:plain

ランプ (WEBから)