天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

知覚を詠むー暑さ・寒さ(3/3)

  霜の上にけさ降る雪の寒ければかさねて人をつらしとぞ思ふ

                新古今集・源 重之

  明けぬるか衣手さむしすがはらや伏見のさとの秋のはつ風

                新古今集藤原家隆

  春といへどまだ寒むからし茨(ばら)の葉に面(かほ)寄する馬の太く嚏(はなひ)る

                     北原白秋

  川水の寒けくもあるか夕づく日たださすところたてるさざなみ

                      岡 麓

  うつし身はかなしきかなや篁の寒きひかりを見むとし思ふ

                     斎藤茂吉

  夜寒く帰りて来ればわが妻ら明日焚かむ米の石ひろひ居り

                     古泉千樫

  寒ざむと日のさす道につつましくしゃがみて売れり福寿草の株

                    鹿児島寿蔵

 

福寿草

知覚を詠むー暑さ・寒さ(2/3)

  あつき日を幾日も吸ひてつゆ甘く葡萄の熟す深き夏かな

                     木下利玄

  ひげのびし顔涙して寝るかたへ熱き体を汝も並ぶる

                     近藤芳美

  ゆきづまりの空地に来り考えし暑き夕べとのみ記憶せり

                    岡部桂一郎

  ながらふる妻吹く風の寒き夜にわが夫(せ)の君はひとりか寝(ぬ)らむ

                 万葉集・誉謝大王

  秋の夜は露こそことに寒からし草むらごとに虫のわぶれば

               古今集・よみ人しらず

  岩の上にたびねをすればいと寒し苔の衣をわれにかさなむ

                 後撰集小野小町

 

葡萄

知覚を詠むー暑さ・寒さ(1/3)

  ひとへなる蝉の羽衣夏はなほうすしといへどあつくぞ有りける

                  後拾遺集・能因

  水の音に暑さ忘るるまとゐかな梢の蝉の声もまぎれて

                   山家集西行

  涼しくも衣手かろし御祓(みそぎ)川あつけはらひてかへるさの森

                     藤原為忠

*あつけ: 暑気

 

  行きなやむ牛の歩みに立つ塵の風さへあつき夏の小車

                 玉葉集・藤原定家

  うち沈む黒き微塵(みぢん)の照りにして暑(しよ)は果てしなし金の

  向日葵(ひまはり)           北原白秋

   

  やや暑き山の日ざかりの心よく大き西瓜をわりにけるかも

                     古泉千樫

 

西瓜

知覚を詠むー光・闇(3/3)

  風のおと響きたつとき閃くと思ひて冬の光浴びゐる

                      鈴木幸輔

  行きまがふけだものとわれひかりもち樹下の雪に青く灯りつ

                     前 登志夫

  噴水が輝きながら立ちあがる見よ天を指す光の束を

                     佐佐木幸綱

  竹は内部に純白の闇育て来ていま鳴れりその一つ一つの闇が

                     佐佐木幸綱

  メスのもとひらかれてゆく過去がありわが胎児らは闇に蹴り合ふ

                     中城ふみ子

  わが眼の底に咲く紫陽花を診たる医師暗室を出ていづこの闇へ

                      塚本邦雄

  人がたをなして或る時訪ねくる思想あり初夏の闇より深く

                     馬場あき子

 

噴水

知覚を詠むー光・闇(2/3)

  照る月も雲のよそにぞ行きめぐる花ぞこの世の光なりける

                 新古今集藤原俊成

  久方の中なる河の鵜かひ舟いかにちぎりてやみを待つらむ

                 新古今集藤原定家

  光そふ木の間の月におどろけば秋のなかばのさやの中山

                 新勅撰集・藤原家隆

  人の親の心はやみにあらねども子をおもふ道にまどひぬるかな

                  後撰集藤原兼輔

  もろともに有明の月を見しものをいかなる闇に君まよふらむ

                  千載集・藤原有信

  しづかなる峠をのぼり来しときに月のひかりは八谷(やたに)をてらす

                      斎藤茂吉

  目に求めし青き一草日ざかりの中に光となりてまぎるる

                      村野次郎

 

鵜飼い舟

知覚を詠むー光・闇(1/3)

  油(あぶら)火(び)の光に見ゆるわが蘰(かづら)さ百合の花の笑(ゑ)まはしきかも

                  万葉集大伴家持

  月よみの光を清み神島の磯廻(いそみ)の浦ゆ船出(ふなで)すわれは

                  万葉集・作者未詳

  久にあらむ君を思ふにひさかたの清き月夜も闇のみに見ゆ

                  万葉集・作者未詳

*大意: 長い旅路になるでしょう。そのあなたを思うと、清らかな月夜も、

    まるで闇夜のように見えます。

 

  おほ空を照りゆく月しきよければ雲かくせども光消(け)なくに

                    古今集・敬信

  久かたのひかりのどけきはるの日にしづ心なく花のちるらむ

                   古今集紀友則

  春の夜の闇はあやなし梅の花色こそ見えね香やはかくるる

                 古今集凡河内躬恒

  闇晴れて心の空に澄む月は西の山べや近くなるらむ

                   新古今集西行

 

百合の花

歌集『夜のあすなろ』(6/6)

*日本やヨーロッパを旅する懐かしい歌枕

  夕ぐれにまだいとまある由布島(ゆぶじま)のみづにひたりて牛らいこへる

  無量寺の庭のつつじのはなの蜜こぞりて吸ひき学童われら

  日あたれる入笠山(にふかさやま)のやま肌にわれはも立ちて呼びし谺(こだま)よ

  矢がすりの母は佇ちゐつ中野なる桃園町に五叉路はありて

  三月の雪ふるパリに震へつつノルマンディーへ行くバスに乗る

  風すさぶモンサンミシェルの回廊を息子と巡るフード押さへて

  うつすらと日のさしそむる船上に琵琶湖周航の歌くちずさむ

  山すその伊那の湧水すみとほり抜きし漬菜を母とあらひき

  砕氷船すぎて程なくしろじろとオホーツク海ふたたび凍る

  カルデラのなかに田居あり家居あり湯の宿はあり阿蘇にてねむる

  去りがたく十数分をながめをり青(せい)岸(がん)渡寺(とじ)に滝かたむかず

  七草のかゆを炊きをりふるさとの鳩吹山(はとぶきやま)に雪ふるころか

 

*感動する内容

  家族・知人や歌枕(旅)を中心とした日常詠なのだが、例えば、

 作者・通代さんとご主人の生前・死後の思い出の歌を抜き出して鑑賞すると、

 涙を禁じ得ないほど感動させられる。

 

 

由布島