天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

水のうた(3/17)

  水のおもの深く浅くも見ゆるかな紅葉の色やふちせなるらん 
                    拾遺集凡河内躬恒
  雨ふりて庭にたまれるにごり水たがすまばかは影の見ゆべき
                   拾遺集・よみ人しらず
*庭たずみを詠んでいる。
  岩間より流るる水ははやけれどうつれる月のかげぞのどけき
                   後拾遺集後冷泉天皇
*岩間から流れる水と月のかげとの対比。
  ここにこぬ人も見よとて桜花水の心にまかせてぞやる
                    後拾遺集大江嘉言
*桜花と水の擬人法。大江嘉言(よしとき)は平安時代中期の歌人で、中古三十六
 歌仙の一人。
  天の原そらゆく月は一つにてやどらぬ水のいかでなからむ
                     千載集・藤原道長
  岩そそぐ水よりほかに音せねば心ひとつにすましてぞ聞く
                    千載集・守覚法親王
守覚法親王は、平安末期から鎌倉初期の僧。後白河天皇の第2皇子。
 和歌・書道に優れていた。
  武蔵野のほりかねの井もあるものを嬉しくも水の近づきにけり
                     千載集・藤原俊成
  水のうへにうき寝をしてぞ思ひしるかかれば鴛(をし)も鳴くにぞありける
                     千載集・和泉式部

f:id:amanokakeru:20190522001513j:plain

鴛鴦

水のうた(2/17)

  花ちれる水のまにまにとめくれば山には春もなくなりにけり
                     古今集清原深養父
*意味は「花が散って流れている川をさかのぼって、花を求めて来たところ、山には
 花もなく春さえもなくなっていた。」
  もみぢ葉の流れざりせば竜田川みづの秋をばたれか知らまし
                      古今集坂上是則
*紅葉でよく詠まれる竜田川は、奈良県生駒市生駒山東麓を源として南流、流域に
 生駒谷、平群谷を形成している一級河川
  みやまより落ちくる水の色みてぞ秋はかぎりと思ひしりぬる
                      古今集藤原興風
*「水の色」とは、水に乗って流れてくる紅葉の色だと解釈したらよいのだろう。
 秋の終わりになると枯葉が多くなる。
  おほぞらの月の光し清ければかげ見し水ぞまづこほりける
                     古今集・読人しらず
  侘びぬれば身をうき草の根を絶えて誘ふ水あらばいなむとぞ思ふ
                      古今集小野小町
  年をへて花の鏡となる水はちりかかるをやくもるといふらむ
                        古今集・伊勢
  水もせに浮きぬる時はしがらみの宇治の殿ともみえぬ紅葉ば
                        後撰集・伊勢

f:id:amanokakeru:20190521000239j:plain

竜田川

水のうた(1/17)

 「水」の語源は、「みつ(満)」という説あり。確かに自然界には水が満ちている。


  秋山の樹(こ)の下隠(かく)り逝(ゆ)く水のわれこそ益(ま)さめ御思(みおもひ)よりは
                          万葉集・鏡王女
天智天皇が鏡王女のいる家が見えたらなあと嘆いた歌に対する返歌で、意味は
 「秋山の木の葉の下を隠れて流れる水のように姿は見えなくても私は貴方が私を
 想ってくださるよりもはるかに増して思い焦がれています。」
  明日香川しがらみ渡し塞(せ)かませば流るる水ものどにかあらまし
                         万葉集・柿本人麿
*明日香川は、高市郡高取山を源流として、稲淵山(いなぶちやま)の西を通り、
 甘樫の丘、藤原宮の側を通って、大和川に流れている。歌の意味は「明日香川に
 堰を作って止めたら、流れる水も緩やかになるだろうに。」
  わが背子は物な思ほし事しあらば火にも水にもわれ無けなくに
                         万葉集・安倍女郎
*なんとも迫力ある愛に満ちた歌である。「私の愛しい人は物思いなどなさいますな。
 いざ事があれば火にも水にも私は入りますから。」と詠んでいる。
  水の上に数書く如きわが命妹に逢はむと祈誓(うけ)ひつるかも
                       万葉集・柿本人麿歌集
*意味は「水の上に筆で数を書くような空しい私の命 貴女に逢おうと神に誓った
 ことだ。」
  巻向の山辺とよみて行く水の水沫(みなわ)のごとし世の人われは
                       万葉集・柿本人麿歌集
  鈴が音(ね)の早馬(はゆま)駅家(うまや)の堤(つつみ)井(ゐ)の水をたまへな
  妹が直手(ただて)よ                万葉集・東歌
  無耳(みみなし)の池し恨めし吾妹子が来つつ潜(かづ)かば水は涸(か)れなむ
                         万葉集・作者未詳
大和三山の一つ耳無山周辺の伝承歌。三人の男が居て同時に一人の少女に
 求婚したが、少女は応じることは無理として、無耳の池に身投げして死んだ。
 歌は、その時「水は涸れて欲しかった」と池を恨む内容である。

f:id:amanokakeru:20190520000928j:plain

明日香川 (webから)

平安・鎌倉期の僧侶歌人(17/17)

参考(続)
  なによりは舌ぬく苦こそ悲しけれ思ふことをも言はせじの刑(はた) 聞書集・西行
 *地獄絵、すなわち地獄に堕ちた罪人が責め苦を受けるさまを描いた絵を見ての作。
  他に4首あり。地獄絵を主題とした歌には和泉式部の先例がある。
  葛城(かづらき)や高間の桜咲きにけり立田の奥にかかる白雲   新古今集・寂蓮
 *白雲:山桜を白雲に喩える。
  なぐさむる友なき宿の夕暮にあはれは残せ荻の上風    三百六十番歌合・寂蓮
 *荻の上風:荻をざわめかせる風は擬人化され、訪問者の暗喩として用いられた。
  かささぎの雲のかけはし秋暮れて夜半には霜やさえわたるらむ  新古今集・寂蓮
 *かささぎの雲のかけはし:『淮南子(えなんじ)』などに見える中国の伝説に由る。
  これや此のうき世のほかの春ならむ花のとぼそのあけぼのの空  新古今集・寂蓮
 *あけぼのの空:「(とぼそを)開け」の意を掛ける。
  散りはてて花のかげなき木(こ)のもとにたつことやすき夏衣(なつごろも)かな
                                新古今集慈円
 *たつことやすき:本歌からして、「立ち去ることも気安い」の意であろう。
  「裁つこと易き」を掛け、「夏衣」につなげている。本歌は、
   けふのみと春を思はぬ時だにもたつことやすき花の陰かは 古今集凡河内躬恒
  おほけなくうき世の民におほふかなわが立つ杣に墨染の袖     千載集・慈円
 *墨染の袖:僧衣の袖。墨染に「住み初め」を掛ける。
  とく御法(みのり)きくの白露夜はおきてつとめて消えむことをしぞ思ふ
                                新古今集慈円
 *きく:菊・聞くの掛詞。 おきて:置きて・起きての掛詞。
  白雪のふりぬるわが身いつまでかのこりて人の跡をとはまし    草庵集・頓阿
 *「白雪の」は「降り」から同音の「古り」を導く枕詞。また「のこり」「跡」は
  雪の縁語と言える。
  さくら花ちりぬる風のなごりには水なきそらに浪ぞたちける   古今集紀貫之
 *桜の花びらを浪になぞらえ、水のない空に浪が立っているという。見立ての歌。
  秋風にこゑを帆にあけてくる舟は天のとわたる雁にぞありける 古今集藤原菅根
 *雁が舟に見立てられている。

f:id:amanokakeru:20190519000742j:plain

岩波文庫

平安・鎌倉期の僧侶歌人(16/17)

参考
  秋の野になまめきたてるをみなへしあなかしがまし花もひと時   古今集遍昭
 *若い女たちがあたり憚らずお喋りなどしている様を暗喩する。
  たらちめはかかれとてしもむばたまの我が黒髪をなでずやありけむ 後撰集遍昭
 *むばたまの:「黒」にかかる枕詞。
  山守は言はば言はなむ高砂のをのへの桜折りてかざさむ      後撰集・素性
 *高砂の 「をのへ」の枕詞。
  ささがにの空に巣かくもおなじことまたき宿にもいく世かはへむ 新古今集遍昭
 *自然から人事へ思いを馳せる作法。
  花ちらす風のやどりはたれかしる我にをしへよ行きてうらみむ   古今集・素性
 *風を擬人化。
  思ふともかれなむ人をいかがせむあかず散りぬる花とこそ見め   古今集・素性
 *「離(か)れ」「枯れ」の掛詞によって、自然と人事を共鳴させる。
  いかりおろす舟の綱手は細くともいのちのかぎり絶えじとぞ思ふ 
                               続後拾遺集・素性
 *上三句は「絶えじ」を導く序詞。
  浅茅原玉まく葛(くず)のうら風のうらがなしかる秋は来にけり  後拾遺集・恵慶
 *うら風: 葛の葉を裏返して吹く風。「うら風の」までが「うらがなしかる」
  を導く序(有心の序)。
  木のもとぞつひの住みかと聞きしかど生きてはよもと思ひしものを 行尊大僧正集
 *「よも」は万一にもそんなことはあるまいという予測をあらわす副詞。
  今ぞ知る一(ひと)むらさめの夕立は月ゆゑ雲のちりあらひけり   林葉集・俊恵
 *「雲のちり」は雲を塵に見立てた表現で、「涙の雨」「花の白雪」などと同類。
  夏ふかみ野原を行けば程もなく先立つ人の草がくれぬる      林葉集・俊恵
 *後世いわゆる「ただこと歌」の先蹤と言えよう。
  あくがるる心はさてもやま桜ちりなむのちや身にかへるべき   新後撰集西行
 *やま桜:「やまず」を掛ける。
  いかで我この世のほかの思ひいでに風をいとはで花をながめむ   山家集西行
 *本歌取り。 あらざらむこの世のほかの思ひいでに今ひとたびの逢ふこともがな
                             和泉式部「後拾遺集

 

f:id:amanokakeru:20190518001038j:plain

岩波文庫

平安・鎌倉期の僧侶歌人(15/17)

おわりに
 完成された古典和歌から受ける第一印象は、様式美である。もともと和歌の韻律形式が整っているのだが、取り上げる対象や修辞法が共有できるものであり、特異なものでなかったことに起因している。一方、近現代短歌になると、個性や新規性を発揮することが求められて、古典和歌では禁忌とされたような技法まで取り込むようになった。大雑把にまとめると次のようになる。当然のことながら近現代短歌は、古典和歌がカバーした領域・方法を内包している。

項目       古典和歌               近現代短歌
対象    自然(花鳥風月)、人事(相聞)   時事(災害、戦争)、病気、
                        スポーツ
      旅、宗教、地獄絵、伝説       ただごと、漫画・小説・映画
韻律    正調                初句七音、句割れ・句跨り
修辞    枕詞・序詞・掛詞・縁語       オノマトペ、副詞の工夫
      本歌取り、比喩・見立て、擬人法
言葉    大和言葉、文語           外来語(漢語、洋語)、口語               
表記    漢字まじりひらがな         カタカナ、アルファベット

いくつか注釈を加えておこう。歌に詠む対象として、古典和歌では、近現代短歌で常識となった「ただごと」は、あまり例がない。次の歌は、「ただこと歌」の先蹤と言えよう。
  夏ふかみ野原を行けば程もなく先立つ人の草がくれぬる      林葉集・俊恵
また時事詠も古典和歌ではまれであった。次にその例をあげる。
  木曾人は海のいかりをしづめかねて死出の山にも入りにけるかな  聞書集・西行
これは、木曾義仲が近江で戦死したことを知って詠んだ歌である。
 次は、「成り代り」と「虚構」について。前者は、事がおきた当事者に代って詠む場合で、古典和歌にはよく見られる。
  ちはやぶる神やきりけむつくからに千とせの坂もこえぬべらなり  古今集遍昭
これには、詞書「仁和のみかどの親王におはしましける時に、御をばの八十の賀に、しろがねを杖につくれりけるを見て、かの御をばに代はりてよみける」がついている。
対して近現代の「虚構」は、真実ではない作者の状況を歌にする場合である。例えば、寺山修司の歌集。一見自叙伝らしく思えるが、事実が詠まれているわけでない。
 次は、修辞法の「比喩」に関して。近現代短歌の特徴として「比喩」ことに暗喩が強調されることがあるが、古典和歌でも珍しいことではなかった。次の例。
  なぐさむる友なき宿の夕暮にあはれは残せ荻の上風    三百六十番歌合・寂蓮
ここで、「荻の上風」は、荻をざわめかせる風は擬人化され、訪問者の暗喩として用いられた。
直喩の用いられ方は、古典和歌ではおとなしく、近現代短歌において著しい。なお、古典和歌については、本文末に参考として、各種の事例をあげておいた。
 さてそれでは、未来短歌の課題としては、何が残っているであろうか? 近現代短歌では、重要視されていない「ただごと」歌を魅力あるものにすることがあろう。真実・事実のもつ驚きを伝える方法がほしい。次には、宇宙やAI(人工知能)を対象にすることである。宇宙については、近年の天文学の研究により、ダークマター重力レンズブラックホール など詳細が明らかになりつつある。AIについても、人間生活に密接に關係してきており、今後さまざまな体験をすることになる。

 なお歌の解釈(*印部分)に当たっては、WEBの
www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/100i/100i_b.html
www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/tonna.html などを参照した。また添付の画像もWEBから借用した。

f:id:amanokakeru:20190517000659j:plain
f:id:amanokakeru:20190517000647j:plain
f:id:amanokakeru:20190517000633j:plain
吉野山 原爆碑 宇宙

平安・鎌倉期の僧侶歌人(14/17)

頓阿(正応2年(1289年)~ 文中元年/応安5年(1372年))   
 若い頃に比叡山で篭居して天台教学を学び、その後高野山でも修行。20歳代後半に金蓮寺の真観に師事し時衆となった。東国・信州を行脚。西行を慕って諸国の史蹟を行脚、京都東山双林寺の西行の旧跡に草庵を構えるなど隠遁者の生活を送った。二条為世に師事して活躍、二条派(歌道)再興の祖とされ、20歳代で慶運・浄弁・吉田兼好とともに和歌四天王の一人とされた。地下(じげ)の歌人であり、歌壇での活躍は晩年であった。「新拾遺和歌集」撰進の際には撰者二条為明が選集の途中で亡くなったことから、頓阿がそれを引き継いで完成させたが、撰者となったのは76歳の時である。

[生活感]
  惜しからぬ身をいたづらに捨てしより花は心にまかせてぞ見る   草庵集
  しづかなる心だにこそ涼しきにわがすむ里は山風ぞ吹く      草庵集
 *「心静かにいるだけで涼しいものだが、私がすむ里には山風がふいて、さらに
    涼しい。」
  つもれただ入りにし山の嶺の雪うき世にかへる道もなきまで   続千載集
  思ひやる苔の下だにかなしきにふかくも雪のなほうづむかな    草庵集
 *この歌には「雪のふる日、母の墓にまかりて」という序詞がついている。
  跡しめて見ぬ世の春をしのぶかなその如月の花の下かげ      草庵集
 *京都丸山公園の南にある双林寺の西行旧跡に草庵を構えた折の歌。西行
  偲んでいる。
  いく里の夢のまくらを過ぎぬらむまだふかき夜の山ほととぎす   草庵集
[旅の感懐]
  かぎりなき空もしられて富士のねの煙のうへにいづる月かげ    草庵集
  関の戸のあくれば見えて足柄のやへ山とほくふれるしら雪   頓阿法師詠
  雁の来る朝けの霧に嶺こえて思ひつきせぬ旅のそらかな      草庵集
  隔てきてそなたと見ゆる山もなし雲のいづこか故郷の空      草庵集
[人生観]
  憂き身には思ひ出ぞなき敷島の道に忘れぬ昔ならでは      続草庵集
 *「つまらない我が身には思い出も無い。和歌の道に刻んだ昔のことだけは
   忘れない。」

f:id:amanokakeru:20190516000550j:plain

足柄峠 (webから)