天野 翔のうた日記

俳句はユーモアを基本に自然の機微を、短歌は宇宙の不思議と生命の哀しさを詠いたい。

喜怒哀楽のうた(4/4)

楽しみ

  山県に蒔けるあを菜も吉備人(きびひと)と共にし採(つ)めば楽しくもあるか

                 古事記仁徳天皇

*山県: 山の畑。

  矢(や)釣山(つりやま)木立も見えず降りまがふ雪にさわける朝(あした)楽しも

                万葉集柿本人麻呂

*矢釣山: 奈良県高市郡明日香村八釣と桜井市高家(たいえ)との間にある山。

  新しき年の始めにかくしこそ千歳をかねて楽しきをつめ

                 古今集・作者未詳

  耳にふれ目に見ることのたのしくてむべ極楽といふにぞ有りける

                     平 忠盛

*むべ: 「うべ」に同じ。肯定する気持ちを表す。なるほど。いかにも。

  たのしみは三人(みたり)の児(こ)どもすくすくと大きくなれる姿みる時

                     橘 曙覧

  たのしみは雪ふる夜さり酒の粕糟あぶりて食うて火にあたるとき

                     橘 曙覧

  網ながら水底(みそこ)の石におさへたる鮎のうごくはたのしきろかも

                     中島哀浪

  人々の噂を好むをみな子の中に交りてしばらく愉し

                     山下陸奥

  たのしみをわかつ想ひにアカハタの出来栄よき紙面妻にも読ます

                    小名木綱夫

  海やまの蒼き涯(はた)てにまぎれ入りむなしくならばたのしからむに

                     岡野弘彦

 

矢釣山

喜怒哀楽のうた(3/4)

哀れ(悲しみ)

  春はただ花のひとへに咲くばかり物のあはれは秋ぞまされる

                拾遺集・よみ人しらず

  あはれてふことこそうたて世の中を思ひ離れぬほだしなりけれ

                  古今集小野小町

*うたて: 情けない。  ほだし: 妨げ。束縛するもの。 一首の意味は、

  「あはれという言葉こそ情けない。このつらい世の中から思い離れられない足枷なのだ。」

  恋せずば人はこころもなからましもののあはれも是よりぞしる

                      藤原俊成

  心なき身にもあはれは知られけり鴫(しぎ)立つ沢の秋の夕暮

                   新古今集西行

  竹の葉に風吹きよわる夕暮のもののあはれは秋としもなし

                  新古今集宮内卿

  これやその昔のあとと思ふにもしのぶあはれの絶えぬ宿かな

                     藤原隆信

  まして人いかなることを思ふらむ時雨だに知るけふのあはれを

                      出羽弁

*出羽弁(いでわのべん): 平安時代中期の女流歌人。「後拾遺和歌集」以下の

勅撰和歌集に入集。

  しみじみと物のあはれを知るほどの少女となりし君とわかれぬ

                     北原白秋

  春尽くるあはれも吾れの感ぜねば仕事のうへに今日も争ふ

                     吉田正俊

  悲しみの結実(みのり)の如き子を抱きてその重たさは限りもあらぬ

                    中城ふみ子

  遠くよりさやぎて来たる悲しみといえども時に匕首(ひしゆ)の如しも

                    岡部圭一郎

  行きて負うふかなしみぞここ鳥(とり)髪(かみ)に雪降るさらば明日も降りなむ

                    山中智恵子

*鳥(とり)髪(かみ): 島根と鳥取の県境にある「船通山」(せんつうざん)を指す。

 出雲地方では古来「鳥上山」(鳥髪山)と呼ばれてきた。

  過ぎゆきしかなしみごとを木(こ)の実拾ふ思ひに似つつ偲ぶときある

                     宮 柊二

  悲しみの底よりひびくもののこゑ秋の夜ふけに目覚めてぞ聴く

                     安田章生

  鬼たらばいかにか生きし人生の折々の悲(ひ)に人たりしこと

                    馬場あき子

  渡らねば明日へは行けぬ暗緑のこの河深きかなしみの河

                    小島ゆかり

  何気なく交せし言葉の断片が時経てかなしみの繭となりゆく

                    千々和久幸

 

鴫立つ沢(大磯)

喜怒哀楽のうた(2/4)

怒り(憤り)

  羽根(はね)蘰(かづら)今する妹がうら若み笑みみ怒(いか)りみつけし紐解く

                  万葉集・作者未詳

*羽根(はね)蘰(かづら): 成人を迎える女性が頭につける髪飾り。一首の意味は、「(はねかづらの髪飾りをつけている愛しい恋人。うら若い彼女は、微笑んだり怒ったりしてみせながら下着の紐を解いているよ。)

  つよくひく綱手と見せよ最上川その稲舟のいかりをさめて

                    山家集西行

*「最上川の稲舟の碇を上げるごとく、「否」と仰せの院のお怒りをおおさめ下さいまして、稲舟を強く引く綱手をご覧下さい(私の切なるお願いをおきき届け下さい)。」

Weblio辞書による。)

  庭石にはたと時計をなげうてる昔のわれの怒りいとしも

                      石川啄木

  いささかの怒の後のさびしかも怒ののちに物食ひをれば

                      植松寿樹

  みづからの意志にあらぬを爪のびて汚しと歎き憤りゐぬ

                     前川佐美雄

  怒りつつしごとなしきぬ老いづきて怒らざる日となりて思へば

                      木俣 修

  ひらめけるかなしみ一つ黄昏はすみやかにして忿怒(ふんぬ)短し

                      坪野哲久

  神のごと彼等死にきとたはやすく言ふ人にむきて怒湧きくる

                      岡野弘彦

  うるはしき命のかたち山に見てはてはさびしき世を怒る者

                     窪田章一郎

  わが怒りこれくらいなり五百円の湯呑を床(ゆか)に打ちつけて割る

                      安田章生

  心頭に発せしのちの爽やかさ怒りというも透きとおるなり

                      長澤ちづ

  緋の悲鳴銀の怒りの立枯れてなぜか萌えざる一角がある

                     佐佐木幸綱

  此母が怒りに寄らむすべをなみ座敷のすみに玩具(おもちや)ならす児

                      今井邦子

*すべをなみ:  どうにもしようがないので。

  論理などめちゃくちゃな汝が怒りにて裸形の怒りが顫えておりぬ

                      永田和宏

 

湯呑

喜怒哀楽のうた(1/4)

 喜怒哀楽は人間の感情の基本的要素であり、したがって短歌表現の基礎になる。

本稿では、喜怒哀楽のそれぞれについていくつかの歌語事典の中から、例歌を集めてみた。なお歌にはそれぞれの感情の起因が明らかでないものもあり、感情を抱いた時の周囲の情景を述べる場合もある。

 

喜び

  蟋蟀の待ち喜ぶる秋の夜を寝るしるしなし枕とわれは

                  万葉集・作者未詳

*「しきりにコオロギが鳴きたてるせっかくの秋の夜長なのに、枕を抱えて独り寝するしかどうしようもない私。」 (万葉集ナビ による。)

  よろこびをくはへて急ぐ旅なれば思へどえこそとどめざりけれ

                  詞花集・源 俊頼

  巻々をかざれるひもの玉ゆらもたもてば仏よろこび給ふ

                      藤原俊成

  喜を知らぬ性格の成立ちをかへりみることも稀(まれ)になりたり

                      土屋文明

  よろこびを待つ象(かたち)して夕空の茜にすかす双(もろ)の掌(てのひら)

                      木俣 修

  私(ひそ)かなるよろこび事ぞ空箱を解体し釘のたまりゆくとき

                      田谷 鋭

  生きてゐてよろこびなしといふなかれ春には春の花咲くものを

                      筏井嘉一

  生きるよろこびしみじみおもふ冬空が黄に夕焼けてうつくしければ

                     結城哀草果

  身を浄くたもつよろこびしくしくに秋の夜ふけて匂ふ木犀

                      穂積 忠

  よろこびの余燼(よじん)のごとき蝉のこゑ聞きゐる吾はこころ弱きか

                     佐藤佐太郎

  よろこびがそこにあるかとためらはず行きけり一つの道を選びて

                      安田章生

  あたらしきよろこびのごと光さし根方あかるし冬の林は

                     上田三四二

  みどりごがこゑ出すことをおぼえたる覚えはじめのよろこびの声

                      長沢美津

  喜びのひばりを生みしあたりより風立ちて新緑の春山ゆする

                     佐佐木幸綱

 

木犀

 

わが句集からー冬(9/9)

平成二十九年 「古希の春」

     鳩来り積める落葉を掻きちらす

     他愛無き言葉に笑ふ七五三 

     小春日や大黒天を撫でまはす

     街路樹の落葉みつめて人を待つ 

     裏山に土牢二つ笹子鳴く

     銭洗ふ師走の水や弁財天  

     冬枯れのけやきの根方鋏塚      

     大寒や熱きご飯に生たまご      

     寒風に顔さらしたる朝湯かな     

     冠雪の富士あからひく朝日光

 

平成三十年 「円位堂」

     抹茶待つ小春日和の開基廟

     木の間より枯葉ちりくるつづら折り

     笹鳴きの声より近き姿かな

     水槽にエヒの笑顔や大晦日 

     駅伝や富士の冠雪まだらなる 

     力石見つけてうれし雪催

     けさ晴れて道に掻き出す塀の雪

     通院も三寒四温となりにけり 

     墓地のみが残るふるさと雪が降る

 

平成三十一年(令和元年) 「からす瓜」

     蜘蛛の囲の主人おどろく落葉かな

     ささがにのねむりをさます落葉かな 

     自転車をおほかた隠す花八つ手

     墓じまひよりはこのまま雪の墓地

 

令和二年 「日脚」

 

     乗り込めるバスの座席に日脚伸ぶ

     枯葉ちる手づくりパンの店先に 

     こも巻きの松を見下ろす天守閣 

     収穫をことほがごと藁ぼつち

     掘り出だす蓮根積みて壁なせり

     風寒しベビーバギーに犬のせて

     カーテンの隙間に見たる雪の嵩 

     雪積める妻の故郷を思ひやる

 

令和三年 「初茜」 

     けさカーテンに霜降の日差しかな

     冬到来大樹の梢震はせて 

     大寒の夜空飛びくる火球かな

     家うちも夫婦でマスク花粉症  

     今ははや過疎の故里雪の中

 

火球

わが句集からー冬(8/9)

平成二十三年 「彼岸花」              

     富士の山甲斐へとかぶく冠雪よ

     わらんべが枯葉あつめて風呂といふ

     冬涛のとどろく岩屋龍の夢

     木漏れ日をただよひゆくか雪蛍

     餅搗くや小谷戸の里に子供会

     笹鳴や猫がとび込む藪の中

     猛々し朝の光の水仙

     扁平の仏足石にかざり餅

     佛手柑のあまた垂れをる寒さかな

       とりとめもなく探梅の白なりき

      望遠鏡富士の雪崩をとらふべく

     凩を知らせて木々の唸り声

     窓枠に雪つもりたる書斎かな

 

平成二十四年 「盆提灯」           

      凍蝶が日に羽根ひらく元使塚

      ささがにの囲ひを破る落葉かな

      冬立つと田野に知らす雉のこゑ

      阿仏尼の住ひし谷戸の小春かな

      小鳥来る雑木林にこゑ燦々

      笹鳴の羽根ひるがへる葉蔭かな

     凩や達磨寺に買ふ大だるま

     探梅行剪定の枝持ち帰る

     雪よ降れメルトダウンの原子炉へ

     歌碑句碑の文字を読み解く笹子かな

 

平成二十五年 「大道芸」          

     笹子鳴く道の右藪左藪

     石仏に供へし蜜柑リスが食む 

     雪踏んで子等一列に登校す

 

平成二十六年 「団栗」

     泣きながら冬の橋くる勤め人

     三峰の月に狼吠えしこと

     宝永の噴火のくぼみ雪あかり

     里山や落葉のつもる獣落し

 

平成二十七年 「力石」          

     落葉掻終へたる庭の力石 

     手前には火の見櫓や雪の富士

     極月の客をくどくや人力車

     初雪の山路にころび古希になる

 

平成二十八年 「延寿の鐘」         

     見つむればふくら雀が首かしぐ 

     孫たちにスマホで送る雪景色

     歳晩の波音を聞く円位堂

 

仏足石

わが句集からー冬(7/9)

平成二十年 「透きとほる」             

     色うすき返り花咲く山の墓地

     煩悩をかたじけなしとお茶の花

     咲き群れて連弾といふ冬薔薇

     倒木の枯葉になづむ山路かな

     遠山の粧ひを見る木の間かな

     山の端にけむり一筋笹子鳴く

     立冬の肩すぼめ読む文庫本

     築山は不二をかたどる石蕗の花

     雨粒をやどす白絹冬さうび

     戸塚宿上方見附笹子鳴く

     歳晩の試食して買ふ目刺かな

     足音を聞けば浮び来寒の鯉

     松籟の山路かけゆく落葉かな

     山茶花や年内閉門極楽寺

     吾妻山朝日ににほふ水仙

     水仙の庭に石臼うづくまる

     白雲が灰色に見ゆ富士の雪

     霜柱墓のあるじを驚かす

     湯たんぽの皺なつかしき日向かな

     本殿は雲の奥なり神の旅

     夢に泣く妻をゆさぶる夜長かな

     葺替を終へて春待つ鴫立庵

     宝暦の噴火のくぼみ雪あかり

     朝光やふくら雀の胸白き

     冬潮の毛羽立つかなた不二の峰

     自刃せし矢倉の闇や笹子鳴く

     浮寝鳥真水潮水こだはらぬ

     水仙のこぼせる朝の光かな

     粉雪にいささむら竹鳴りにけり

     巫女が売る破魔矢鏑矢楠の杜

     探梅の径に人寄せ小鳥笛

 

平成二十一年 「花芒」             

     弟にライダーの面七五三

     竹林に朝日射しくる焚火かな

     小春日の卵はこび来円覚寺

     目の澄める子を褒む老の小春かな

     断崖のはなやぐところ石蕗の花

     りんご飴口にあまれる七五三

     望郷の吊橋わたる師走かな

     落葉踏む石段先の奥の院

     水行の白衣湯気たつ師走かな

     総持寺をめぐる回廊煤払

     だみ声のカケスもをりて山眠る

     竹林のきしみに鳴ける笹子かな

     道をゆく蟹かと思ふ枯葉かな

     浄明寺二丁目六番冬薔薇

     水音は筧よりくる落椿

     寒鰤の背鰭見えたる生簀かな

 

平成二十二年 「運動会」         

     門前の日曜画家や石蕗の花

     うち寄する波の白刃大晦日

     息つめて笹子の姿探しけり

     足裏に落葉やさしき女坂

     集落を守る間垣や虎落笛

     冬麗の樟高き空足湯せり

     笹鳴の山路に日の斑つらなれり

     魚跳ねて跳ねて朝日の冬の海

     黒潮の潮目きはだつ師走かな

     藁打つて長靴編むや囲炉裏端

     雪掻くや午前三時のブルドーザ

     水仙の花咲きおもる岬かな

     牛飼が雪解け道に牛を追ふ

     腰落し糞する猫の寒さかな

     托鉢の僧息白く立ち尽くす

     雪道を素足の草鞋托鉢す

     ふためきて藪に飛び込む笹子かな

     文学館の庭片隅に龍の玉

     雪ふれば祖母が迎へし峠かな

     傘さして雪の峠に祖母が待つ

 

目刺